文字サイズ :
HOME >  共同利用研究 >  研究会:2006年度

共同利用研究

Joint Researches

研究会

 2016年度は19件が採択され約1,000名の研究者が参加しました。2017年度は24件の開催が予定されています。各研究会では,具体的なテーマに絞った内容で国内の最先端の研究者を集め活発な討論が行なわれており,これをきっかけとして新たな共同研究が研究所内外で進展したり,科学研究費補助金「特定領域」「新学術領域」が発足したりすることも多くなっています。たとえば,1994~1996年度に「グリア研究若手の会」として行なわれた研究会はその後,特定領域(B)「グリア細胞による神経伝達調節機構の解明」へと繋がり,その後「グリア神経回路網」の特定領域と発展しました。また,バイオ分子センサー関係の生理研研究会が2008年度から発足した特定領域研究「セルセンサー」に繋がりました。この他,2015年度に立ち上がった新学術領域研究「温度生物学」および「オシロロジー」も、生理研研究会が発足の足がかりとなったものです。また、毎年行われるいわゆるシナプス研究会や痛みに関する研究会は,それぞれの日本における研究者コミュニティを形成する上で大いに役に立っており,新分野の創成にも貢献しています。
 生理学研究所の研究者コミュニティーへの貢献、大学の機能強化への貢献の一環と して、2016年度には試行的に岡崎地区以外での生理学研究所研究会を1件開催しました。具体的には「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」が九州大学にて開催されました。九州地区からの参加者多数で盛況であったことから、2017年度には、東北地区ならびに東京地区での開催が各1件予定されています。
 研究会に関しても同じ内容で毎年開催されることの是非について討論されました。その結果2013年度開催申請分から下記のように公募要項を改訂しました。

1)研究会 :本研究会を通して,新分野の創成と新技術の創出を目指す比較的小人数(100名程度以内)の研究討論集会で,メンバーのうち少なくとも1名は生理学研究所の教授又は准教授の参加が必要です。(旅費の一部を支給します。)

2)期間:3日間を限度とします。

3)開催場所:自然科学研究機構岡崎地区において実施していただきます。なお,岡崎コンファレンスセンターを利用することができます。利用申込みに際しての詳細は,国際研究協力課共同利用係(電話 0564-55-7138(ダイヤルイン))に問い合わせてください。

4)研究報告書:研究会終了後,30日以内に提案代表者から所長へ提出していただきます。

5)その他:同一課題の研究会の継続は,3年で見直します。さらに継続をご希望される場合は,討論内容に新たな展開があることを求めます。

過去の研究会リスト

研究会:2006年度

※ 表中の研究会名をクリックすると、詳細が表示されます。
No. 日付 内容 氏名
8 2006年06月07日

2006年09月08日
Neuro-glio-vascular interaction におけるプリン作動性シグナリングの病態生理的機能
代表者:南 雅文(北海道大学 大学院薬学研究科)
担当者:井本 敬二(神経シグナル)
7 2006年06月08日

2006年06月09日
視知覚への多角的アプローチ —生理、心理物理、計算論3
代表者:塩入 諭(東北大学 電気通信研究所)
担当者:小松 英彦(感覚認知情報)
23 2006年06月12日

2006年06月13日
TRPチャネル研究会
代表者:井上 隆司(福岡大学 医学部)
担当者:富永 真琴(細胞生理)
22 2006年06月26日

2006年06月27日
バイオ分子センサー研究会
代表者:富永 真琴(自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター)
担当者:岡村 康司(神経分化)
10 2006年06月28日

2006年06月29日
シナプス可塑性の分子的基盤
代表者:高橋 正身(北里大学 医学部)
担当者:井本 敬二(神経シグナル)
14 2006年07月24日

2006年07月26日
Recent advances in cortical and hippocampal neural microcircuit studies 大脳皮質・海馬の局所神経回路研究
代表者:吉村 由美子(名古屋大学  環境医学研究所)
担当者:川口 泰雄(大脳神経回路論)
3 2006年09月25日

2006年09月26日
病態糖鎖研究会
代表者:辻 崇一(東海大学 未来科学技術共同研究センター)
担当者:池中 一裕(分子神経生理)
1 2006年09月28日

2006年09月29日
膜機能分子ダイナミクスの分子機構解明に向けて
代表者:老木 成稔(福井大学 医学部)
担当者:久保 義弘(神経機能素子)
2 2006年10月05日

2006年10月06日
細胞シグナリングの時空間統御機構解明への方略探索
代表者:曽我部 正博(名古屋大学 大学院医学系研究科)
担当者:久保 義弘(神経機能素子)
20 2006年10月21日

2006年10月23日
第3回 唾液腺研究からの生理機能研究、その戦略的展開(第3回Niels Stensen 唾液腺シンポジウムと合同開催)
代表者:村上 政隆(自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター)
担当者:村上 政隆(ナノ形態生理)
4 2006年10月31日

2006年11月01日
細胞死研究の新たな展開と関連する素過程
代表者:仁科 博史(東京医科歯科大学 難治疾患研究所)
担当者:岡田 泰伸(機能協関)
18 2006年11月09日

2006年11月10日
DNA構造を基盤とするゲノム生理学の展開
代表者:水田 龍信(東京理科大学 生命科学研究所)
担当者:永山 國昭(ナノ形態生理)
24 2006年11月15日

2006年11月16日
痛みの分子機構と治療戦略研究会
代表者:仙波 恵美子(和歌山県立医科大学 医学部)
担当者:富永 真琴(細胞生理)
9 2006年11月16日

2006年11月17日
カルシウムシグナリング研究の新潮流(2)
代表者:徳田 雅明(香川大学 医学部)
担当者:井本 敬二(神経シグナル)
12 2006年11月16日

2006年11月17日
神経科学の道具としてのfMRI研究会
代表者:本田 学(国立精神・神経センター 国立精神・神経センター神経研究)
担当者:定藤 規弘(心理生理学)
26 2006年11月30日

2006年12月01日
シナプス形成と可塑性機構獲得の統合的理解へ向けた学際的アプローチ
代表者:大塚 稔久(富山大学 大学院医学薬学研究部)
担当者:重本 隆一(脳形態解析)
16 2006年12月04日

2006年12月05日
シナプス伝達の細胞分子調節機構
代表者:神谷 温之(北海道大学 大学院医学研究科)
担当者:鍋倉 淳一(生体恒常機能発達機構)
15 2006年12月07日

2006年12月08日
大脳皮質機能単位の神経機構
代表者:金子 武嗣(京都大学 大学院医学研究科)
担当者:川口 泰雄(大脳神経回路論)
5 2006年12月12日

2006年12月13日
上皮膜輸送活性化因子を探して:宿主防御バリアーの最前線
代表者:中張 隆司(大阪医科大学 医学部)
担当者:岡田 泰伸 (機能協関)
11 2006年12月13日

2006年12月15日
脳磁場計測によるヒト脳機能マッピング
代表者:柿木 隆介(自然科学研究機構 生理学研究所)
担当者:柿木 隆介(感覚運動調節)
6 2006年12月19日

2006年12月20日
イオンチャネル・トランスポーターと心血管機能:最近の知見と今後の展開
代表者:亀山 正樹(鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科)
担当者:岡田 泰伸(機能協関)
25 2007年01月11日

2007年01月12日
体温調節、温度受容研究会
代表者:永島 計(早稲田大学 人間科学部)
担当者:富永 真琴(細胞生理)
13 2007年01月17日

2007年01月18日
高次脳機能研究の新展開
代表者:高田 昌彦((財)東京都医学研究機構 東京都神経科学総合研究所)
担当者:南部 篤(生体システム)
19 2007年01月25日

2007年01月26日
位相差断層電子顕微鏡の医学・生物学的応用
代表者:金子 康子(埼玉大学 理学部)
担当者:永山 國昭(ナノ形態生理)
27 2007年03月11日 Fmθ研究会
代表者:逵本 徹(自然科学研究機構生理学研究所)
担当者:逵本 徹(自然科学研究機構生理学研究所)
申請書
ダウンロード

各種申請書はこちらからダウンロードすることができます。

共同利用研究
関連書類

すでに採択されている方はこちら