大学院教育
生理学研究所は総合研究大学院大学・生命科学研究科・生理科学専攻を担当しており、心理生理学研究部門でも、設立以来現在まで大学院生31名(最近の5年間で10名)を受け入れ、22名(最近の5年間で4名)が博士号を取得している。また、他大学院の学生を特別共同利用研究員(=受託大学院生)として研究指導をする制度もあり、現在までに13名(最近の5年で2名)を受け入れている。