被験者募集

脳波ーfMRI睡眠実験


応募する お問い合わせ  Q&A

実験内容

京都大学と共同でおこなう「脳波-fMRI睡眠実験」の参加者を募集します。脳波と機能的MRI (fMRI)という2つの手法を同時に用いて睡眠中の脳活動を記録する、1人で行う実験です。

脳波計および生体信号計測装置(心電、呼吸、皮膚電位)をつけた状態で、MRIスキャナの中に入って実験を行います。実験課題は特になく目を閉じて眠っていただくだけですが、頭皮および皮膚(胸部)に脳波計や心電図などの電極を装着する必要があるため、参加条件及び注意事項を十分にご確認の上ご応募下さい。

脳波計は電極を頭皮に貼りつけて脳活動を計測するもので,非侵襲性(人体に対する影響が低い)の脳機能計測法です。またMRは磁場と電波を利用して脳活動を計測するもので,病院でも利用されている安全性の高い脳活動計測法です。また今回利用する脳波計は、3テスラの高磁場環境下でも安全に利用できる装置です。

 

募集日程

下記日程・時間枠の中から参加可能な日程と時間帯を2つ以上選択下さい

9:00-12:30 13:30-17:00

 

3/16(木) ① ② 
3/22(水) ① ②

 

所要時間

※ 実験内容の説明、書類記入などの時間を含みます

3時間30分(そのうち、MRI内での計測時間は最長1.5時間程度)

 

参加条件

  • 18~30歳程度までの健康な男女(未成年の方は事前に保護者に「MRI実験に参加する」旨報告してからご参加ください)
  • MRI実験に参加したことのある方
  • 過去,現在を問わず睡眠障害と診断された経験のない方
  • 公共の交通機関で来所できる方
  • 実験に参加いただけない方 の 1~17 に該当しない方

 

注意事項

参加条件を満たさないことが当日判明した場合、実験に参加いただくことができません。その場合は謝金はお支払いできません。上記の参加条件及び 応募,参加前に必ず確認のページに書いてあることを十分に確認してください。
  1. 脳波計測には,電極が32個ついたキャップ状のものを頭にかぶっていただく必要があります「キャップ型電極」とは,次のようなものです。電極と頭皮の間の電気抵抗を低減するため、糊状のペーストを電極と頭の間に塗りこみます。そのため頭/頭髪は相当に汚れます。
  2. 左目の上下に眼電(目を動かす際の筋肉の動きに対応した電気信号)を測るための電極を,医療用テープで貼り付けます。皮膚電気抵抗を下げるためにアルコールで皮膚を拭きますので,その部分の化粧はベースも含めて落としていただく必要があります。
  3. 洗髪用の洗面台やドライヤー,タオル等は,地階および4階に用意しており、実験後の洗髪に利用していただけます。女性は女子休養室にある全身用シャワールーム、男性は7テスラMRI棟にある全身用シャワールームを利用していただくことも可能です。
  4. 心電図を取るため,胸に直接、シール状の電極1枚をご自分で貼っていただく必要があります。貼り方はこちらで指示をします.実験終了後に剥がしたあとにウェットタオルでふき取っていただきますが、粘着剤が皮膚に残る可能性があります。また背中(背骨の横)に心電図計測用の電極を実験者がはらせていただきます。女性被験者の場合は女性研究員が対応します。
  5. 実験時には生理研で準備しているスウェットに着替えていただきます。
  6. 事前に日常の睡眠スケジュールを伺った上で、1時間程度、前夜の睡眠時間を削って頂く場合があります。安全のため、公共交通機関を利用して来所してください

 

謝金

12,000円(交通費含む) 後日銀行振込
 

持ち物

  • 印鑑(毎回必ず必要)
  • ご本人名義の通帳(初めての方)

 

場所

アクセスMAP

(待ち合わせ) 生理学研究所1階・広報展示室
(実 験 室) 地下MRI室 (Verio)

 

実験担当者

小池耕彦 (生理学研究所)
石井 徹 (京都大学医学部)