文字サイズ :
HOME >  大学院教育 >  生理科学研究技術特論

大学院教育

Graduate School

生理科学研究技術特論

シラバス

1.授業科目と単位

生理科学専門科目「生理科学研究技術特論」、
演習、
1単位

2.履修対象者

生理科学専攻新入生(D1あるいはD3)

3.授業担当教員

各学生の受け入れ先教員

4.授業実施期日時間

4月5日−4月28日

5.授業実施場所

受け入れ先研究室

6.履修条件、受講方法

とくに条件はない。指導教員と相談の上、研修を行う研究室を決め、担当教員の同意を得た後履修届けを提出する。

7.授業内容の概要

所属研究室以外の研究室で、生理学研究に必要な様々な方法論と実験技術について、具体例にもとづいて学習する。

8.授業の達成目標

受け入れ先研究室の研究内容、実験方法の概略を理解する。

9.授業計画

入学式後−4月末まで(年によって日は変わるので)

10.使用参考書、参考文献

特になし

11.単位取得要件と成績評価基準

受け入れ先の教員が、上記達成目標に到達しているかを判断し、認定を行う。成績は可否で示される。

Syllabus

1. Course Title, style, and credit

Methodology in Physiological Sciences,
Practice and Discussions,
1 credit

2. Appropriate grade level and Eligible Departments

Freshman (D1 or D3), School of Life Science

3. Lecturer(s)

4. Time

4/5/2006-4/28/2006

5. Place

6. Prerequisites and Styles

no

7. Contents

Freshmen are requested to visit a laboratory other than his/her own laboratory and study the research conducted in that laboratory.

8. Course objectives

 

  • To understand the objective of research conducted in the visiting laboratory.
  • To understand the basic technique used in the visiting laboratory.

 

9. Schedule

10. Lecture materials and readings

no

11. Grades

Either "passed" or "failed" is determined by the faculty of the visiting laboraory based on the achievement of Course objectives.

大学院入試情報

博士後期課程及び5年一貫制ともに8月と1月の2回行われます