文字サイズ :
HOME >  大学院教育 >  授業科目と単位(共通専門科目)

大学院教育

Graduate School

授業科目と単位(共通専門科目)

共通専門科目には以下の授業科目があります。

 

生命科学実験演習

概要

所属研究室で行う専門的研究と学位論文の作成です。

単位取得方法

指導教員が単位を認定します。
Ia, Ib〜Va, Vbまでありますが、ローマ数字は各学年に、a, bはそれぞれ前期、後期に対応します。
(Iaは5年一貫制の1年次前期、IIIaは5年一貫制3年次前期または博士後期課程 の2年目前期、Vbは5年一貫制の5年次後期または博士後期課程の3年目後期、な ど)

生命科学プログレス

概要

大学院で行う研究および研究発表に対して指導教員とそれ以外の教員が助言を行います。

単位取得方法

指導教員が単位を認定します。
Ia, Ib〜Va, Vbは生命科学実験演習と同。この講義の一環として、5年一貫制の2年次と4年次、博士後期課程の2年目の学生は12月に行われる大学院生発表会でポスター発表を行うことが義務付けられています。
また5年一貫制の2年次の学生は研究レポートを提出することが義務付けられています。研究レポートの認定は副専攻長が行います。研究レポートは、大学院入学後2年間におこなった研究について、目的、方法、結果、考察、参考文献、図の説明、図に分けて、A4用紙に日本語または英語で作成してください。

生命科学論文演習

概要

最新の生命科学論文の紹介、解説、議論を通じて、最新の生理学の知識を修得すると共に論文の理解力を身につけます。各研究室で教員の指導のもとに行われる文献紹介セミナー、ジャーナルクラブなどに相当します。

単位取得方法

指導教員が認定。
Ia, Ib〜Va, Vbは生命科学実験演習と同。

生命科学セミナー

概要 syllabus.gif

生命科学の最先端研究を直接当該研究者か学びます。生理研では年間約50回程度の所内外の研究者によるセミナーが開かれています。また年間20回程度の研究会が行われています。これらのセミナーや研究会に出席し、最先端の知識を習得することができます。また研究者本人と直接議論するという、論文や本では決して得られない貴重な機会でもあります。

単位取得方法

セミナーは通常1時間から2時間です。研究会は通常2日程度行われます。いずれも不定期に行われますが、事前に案内が流されます。いずれかのセミナーに5回出席するか、いずれか1つの研究会に出席し、その中で興味をもった講演1つを選んでレポートを提出します。レポートはA4用紙にセミナーの概要と、どのような点に興味をもったかを記入します。単位の認定は副専攻長が行います。I〜Vは生命科学実験演習と同。

大学院入試情報

博士後期課程及び5年一貫制ともに8月と1月の2回行われます

生活及びキャリアサポート

生活費の支援・キャリアサポートについて