文字サイズ :
HOME >  大学院教育 >  大学院カリキュラム >  In vivoパッチクランプ法を用いた内因性痛覚抑制機構の解析

大学院教育

Graduate School

授業の詳細

演 題 In vivoパッチクランプ法を用いた内因性痛覚抑制機構の解析
講演者・担当者 古江秀昌 (神経シグナル)
日 時 2011年06月15日(水) 15:00〜
要 旨

In vivoパッチクランプ法を用いた内因性痛覚抑制機構の解析

大学院入試情報

博士後期課程及び5年一貫制ともに8月と1月の2回行われます