文字サイズ :
HOME >  大学院教育 >  大学院カリキュラム >  睡眠・覚醒状態の制御機構とオレキシンの役割

大学院教育

Graduate School

授業の詳細

演 題 睡眠・覚醒状態の制御機構とオレキシンの役割
講演者・担当者 櫻井 武(金沢大学、医薬保健研究域医学系分子神経科学・統合生理学分野)
日 時 2014年06月20日(金) 10:00〜
場 所 生理学研究所(明大寺地区)1階講義室
要 旨

睡眠・覚醒状態の制御機構とオレキシンの役割

大学院入試情報

博士後期課程及び5年一貫制ともに8月と1月の2回行われます