文字サイズ :
HOME >  大学院教育 >  履修モデル

大学院教育

Graduate School

履修モデル

モデル1 生理科学専攻(5年一貫制) 統合生理学講座 PDF

情報工学の技術と飛躍的に高まった計算機能力を活用し、非常に多くの神経細胞の相互作用によって営まれる脳機能を解析する新しい方法を開発し、脳における情報表現様式を解明したい。

 

モデル2 生理科学専攻(3年次編入学) 情報生理学講座 PDF 

ヒトの体の仕組みとその異常による疾患がどのような物質的基礎により生じるかを理解し、その生理学的な仕組みに作用する薬物を開発したい。

 

モデル3 生理科学専攻(3年次編入学) 超分子生理学講座 PDF

神経科学の新しい研究手法と最先端の知見にもとづいて学習の神経機構の研究を行いたい。

 

モデル4 生理科学専攻(3年次編入学) 大脳生理学講座 PDF

ヒトの脳活動の非侵襲的計測法に認知心理学の手法を応用して、健常人の高次脳機能の仕組みを明らかにしたい。

 

モデル5 生理科学専攻(3年次編入学) 超分子生理学講座 PDF

最先端の研究手法による脳研究に参加し、精神神経疾患の研究と治療法の開発に貢献したい。






 

大学院入試情報

博士後期課程及び5年一貫制ともに8月と1月の2回行われます