戸田 拓弥 (Takuya Toda) 本文へジャンプ


戸田 拓弥(Takuya Toda)

《総合研究大学院大学生D4/日本学術振興会 DC2》

 

 

Last update 2016/04/02
略歴


名古屋大学医学部保健学科 理学療法学専攻 卒業

名古屋大学医学系研究科 リハビリテーション療法学専攻修士課程 修了

総合研究大学院大学生命科学研究科 生理科学専攻 入学
日本学術振興会 DC2 


専攻

神経科学

連絡先

    takutoda@
                  (@の後ろに nips.ac.jpが省略されています)

研究テーマ

生体長期イメージングによる損傷後の神経回路再編に対する興奮性GABAの役割の解明をテーマとして研究しています。脊髄の運動神経細胞の軸索と筋繊維の間に形成されるシナプス(神経筋接合部)を含めた末梢神経回路をモデル回路として軸索損傷後の神経回路再編成の過程を理解しようとしています。末梢神経損傷後の機能回復やその促通(リハビリテーション)、さらには中枢神経損傷後の神経回路再編成の解明に繋がると考えています。

学会発表

国際学会
1. Toda T, Wake H, Nabekura J. Role of excitatory GABA in axonal extension following axotomy. The 12th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Smooth Muscle Science, Yongin, Korea, Poster, 2015.1.22-25.

2. Toda T, Wake H, Nabekura J. Role of KCC2 down-regulation on motor functional recovery after sciatic nerve injury. The 8th Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies (FAOPS), Bangkok, Thailand, Poster, 2015. 11.22-25.

国内学会:
1. Toda T, Wake H, Nabekura J. Role of down regulation of KCC2 and microglia activation in behavioral recovery after sciatic nerve injury. The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Poster, 2015, 7, 28-31.

2. Toda T, Wake H, Nabekura J. Role of KCC2 downregulation for recovery after sciatic nerve injury. The 93rd The 38th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Sapporo, Poster, 2016. 3. 22-24.

原著論文

1. Toda T, Ishida K, Kiyama H, Yamashita T, and Lee S. Down-regulation of KCC2 expression and phosphorylation in motoneruons and increases the number of in primary afferent projections to motoneurons in mice with post-stroke spasticity. PloS One. 2014.

2. Lee S, Toda T, Kiyama H, and Yamashita T. Weakened rate-dependent depression of Hoffmann's reflex and increased motoneuron hyperactivity after motor cortical infarction in mice. Cell Death & Disease. nature publishing group. 2014.
  

主要総説



著書



受賞歴
1. The 12th Korea-Japan Joint Symposium of Brain Sciences, and Smooth Muscle Science, 優秀ポスター賞

2. 第93回 日本生理学会大会、学生ポスター賞

 
  Copyright(C)2007-2010 NIPS HomeostaticDevelopment