文字サイズ :
HOME >  広報活動 >  講座案内 >  科学実験で体験!"しなやかな脳"の不思議~努力は脳にあらわれる~

広報活動

PR Activities

講座案内

演題 科学実験で体験!"しなやかな脳"の不思議
~努力は脳にあらわれる~
内容

 ヒトは生まれてから体験や学習を通して成長していきます。最新の研究ではヒトの脳は成長過程の子どもだけではなく、大人になってからでも周囲の環境に合わせてしなやかに変化していくことが分かってきています。
 本人が自覚していなくても、脳は過去の出来事や周囲の環境をもとに判断し、未来の出来事を予知して、出来るだけ素早く正確に反応しようとします。
 錯視や錯聴は脳の「かんちがい」として紹介されることが多いですが、今回は脳の成長といった別の視点から解説します。
 

実験 みんなで手をつないで反応時間をみてみよう!

手から反対の手へ信号が伝わるのにどれくらい時間がかかるかを実験で体験してみよう。

※参加者全員にせいりけんオリジナル『3D画像』をプレゼントします。

講演者 岡本 秀彦 准教授(自然科学研究機構 生理学研究所)
日時 2012年11月10日(土) 13:30~14:30
場所
岡崎げんき館 3階講堂
定員 200人【入場自由・当日先着順】 ●当日、会場に直接お越しください。定員を超えた場合は、入場をお断りすることがあります。
出版物

要覧・年報等の各種出版物をご紹介しています