文字サイズ :
HOME >  リリース一覧 >  生理学研究所プロジェクト「細胞・システム作動機構の理解に向けた、生体タンパク質分子の構造と機能のダイナミクス研究の拠点形成」平成28年度末シンポジウム開催のお知らせ

各種リリース

Release

生理学研究所プロジェクト
「細胞・システム作動機構の理解に向けた、生体タンパク質分子の構造と機能のダイナミクス研究の拠点形成」
平成28年度末シンポジウム開催のお知らせ

開催日: 2017年3月13日 イベント

自然科学研究機構「自然科学研究における機関間連携ネットワークによる拠点形成事業」の、生理学研究所プロジェクト「細胞・システム作動機構の理解に向けた、生体タンパク質分子の構造と機能のダイナミクス研究の拠点形成」平成28年度末シンポジウムを開催します。

日時: 平成 29 年 3 月 13 日(月) AM 8:55 - PM 17:35
場所: 生理学研究所(明大寺) 大会議室

プログラム
http://www.nips.ac.jp/biophys/program0313.pdf

要旨集(要パスワード)
http://www.nips.ac.jp/biophys/abstract0313.pdf

機構外からお招きする講演者


「化学的アプローチによるグルタミン酸受容体の可視化および活性制御法の開発」
清中 茂樹 先生(京都大学 大学院工学研究科 合成・生物化学専攻)

「X線自由電子レーザーで捉えたバクテリオロドプシンの三次元動画」
南後 恵理子 先生(理化学研究所 放射光科学総合研究センター)

「構造生物学の激変」
藤吉 好則 先生(名古屋大学大学院創薬科学研究科・創薬分子構造学講座)

関連部門

関連研究者

お問い合わせ

各種お問い合わせはメールフォームにてお受けします