SSSEM研究部会&生理研研究会 合同ワークショップ
「電子顕微鏡ビッグデータが拓くバイオメディカルサイエンス」
〜電子顕微鏡による生物構造情報の抽出〜

SSSEM & NIPS EM Workshop 2015
"Application of Electron Microscopy Big Data for Biomedical Sciences"
~ Extraction of Biological Structural Information by Electron Microscopy ~

開催期日:11月18日(水)午後 ー 19日(木)午前
開催場所:岡崎コンファレンスセンター (名鉄本線東岡崎駅下車 地図PDF
参加費無料(交流会 事前4000円/当日5000円/学生半額)

提案代表者:大野伸彦(山梨大)/所内対応者:村田和義(生理研)
後援:日本顕微鏡学会関西支部

随時参加登録受付中!
(PWは定員(50名)になり次第〆切りとさせて頂きます。お早めに登録をお願いします。)
申し込みはこちら

プログラム: (ワークショップブローシュアPDF版

18日午後  
12:00-
受付開始
13:00-
開始 あいさつ
13:10-
プラクティカルワークショップ 
”セグメンテーションガチンコ勝負”

● IMOD、TrakEM2のセグメンテーション実習と、Amira、Coloristの実演。
(自習参加には事前登録が必要です(定員50名)、見学のみも可です。)
      講師 唐原一郎(富山大学理学部)
        大野伸彦(山梨大学医学部)
        石村貴暢((株)マックスネット)
      古河弘光((株)システムインフロンティア)
17:30-
ポスターセッション(プログラム
19:00-
交流会
  テクニカルワークショプ((株)日立ハイテクノロジーズ)
   
19日午前  
レクチャーワークショップ
9:00-
SBF-SEMを用いたミトコンドリアと小胞体の形態学的解析
  長島 駿(東京薬科大学生命科学部)
9:25-
SEM連続断面観察法を活用した糸球体足細胞の構造解析
  市村 浩一郎(順天堂大学医学部)
10:00-
インフルエンザウイルスのゲノムパッケージング機構
  野田岳志(京都大学ウイルス研究所感染症モデル研究センター)
10:25-
Correlative light and electron microscopy in cell biology
  Bruno M. Humbel (University of Lausanne, Switzerland )
11:00-
Near-atomic Resolution Single Particle Analysis with the Volta Phase Plate
  Radostin Danev(Max Planck institutes, Germany)
11:25-
Sub-tomogram averaging of protein complexes in intact cells
  福田善之(Max Planck institutes, Germany)
11:50-
閉会 あいさつ
   
13:00- エクスカーション 施設見学(希望者のみ) Lab tour


お問い合わせ:
  村田和義 生理学研究所形態情報解析室 0564-59-5290 kazum[@]nips.ac.jp
         
11/17/2015 Updated by KM