第9回生理学研究所・異分野融合脳科学トレーニング&レクチャー

「ヒト、サル、ラットの脳解剖学から神経回路を観察・解析・操作する技術へ」

日程:2022215日(火)~18日(金)16日(水)
開催場所:自然科学研究機構生理学研究所 オンライン開催
参加申込期間:2021127日(火)~202217日(金)正午 終了しました。
募集人数:10名程度


 高等動物の神経回路は、電子回路とは異なり、非常に複雑な構造を有しています。このような「生体としての複雑な神経回路」を解析していくためには、解剖学に基本を置きつつ、様々な方法論を統合的に駆使したアプローチが不可欠です。その際、各方法論の可能性と限界を正しく理解しておくことが重要です。しかし、若手研究者や、これから脳科学に参入しようとする異なる専門分野の研究者にとって、多様な方法論を効率的に学べる機会が少ないのが実情です。また、モデル動物としての齧歯類や霊長類動物から、我々ヒトまでの脳を種横断的に理解するための学習機会も十分とはいえません。
 このような状況を踏まえて、生理学研究所では若手研究者(大学院生や企業研究者を含む)を対象に、ラット、サル、ヒトの神経解剖学の講義及び実習を中心とした異分野融合脳科学トレーニング&レクチャーを実施してきました。本年度も、齧歯類と霊長類の神経解剖実習、大域的な神経回路を理解するための機能的MRI撮像法、局所の微細構造を可視化するための光顕・電顕観察法、覚醒下の実験動物からの神経活動記録法、そしてウイルスベクターの脳科学への応用技術等について、最先端の研究を展開している研究者が、座学講義と体験的実習をおこないます。
 本企画では、若手研究者の人材育成を目的として、将来的に異分野から脳科学への参入を希望する研究者を対象としたトレーニング手法の開発にも力を注いでいます。そのため、各種アンケート等にもご協力いただけることを参加の条件とさせていただきます。