TOP > お知らせ > 2008冬シンポ・開催趣旨

多次元共同脳科学推進センターシンポジウム
"総合的に脳科学を理解する人材育成に向けて"

 

開催趣旨

 脳に関連する研究は、現在非常に様々な角度から進められています。分子から個体、社会までの階層性、還元論的・構成論的な考え方、線虫、ショウジョウバエ、ゼブラフィッシュ、マウス、サルからヒトなどを対象とし、さらにその成果の社会応用として健康、教育、社会・経済活動、機器開発などにも期待されており、その全体像を理解するためには、まさに多次元的な視点を持つことが求められています。

 生理学研究所に本年(平成20年4月)設立された多次元共同脳科学推進センターでは、国内の様々な専門家の協力を得て、こうした総合的な脳科学の理解を目指した人材育成の取り組みを進めて参ります。今回のシンポジウムでは、来年度から実施する人材育成コースの一面をご紹介するとともに、多方面の方からのご意見・ご批判をいただき、よりよいものを目指す意見交換の場にできればと考えております。

 多数のご来場をお待ちしております。

 

プログラムはこちら

事前参加登録はこちら

ポスター(GIF:523kb)    連絡先:E-mail:tajigen_sympo@nips.ac.jp