TOP > お知らせ > 2008冬シンポ・開催趣旨

多次元脳トレーニング&レクチャー

「ヒト、サル、ラットの脳解剖学から情動・判断の理解へ」

日程:2013年3月12日〜14日

 脳の研究を進めるにあたって、脳の解剖学的知識は非常に重要ですが、若手研究者や様々な分野から参入しようとする異なる専門分野の研究者の方にとっては、十分な講義や実習を受ける機会がありません。またモデル動物としてのラットやサルからヒトまでを横断的に理解するな解剖学的にトレーニングの機会も十分ではありません。

 このような状況を踏まえて、多次元共同脳科学推進センターでは、若手研究者(大学院生を含む)を対象にラット、サル、ヒトの解剖学の講義・実習を軸にした多次元トレーニング&レクチャーを実施します。今回は、情動・判断に関連する神経回路に焦点を絞った脳の構造と機能にに関する企画となります。特にこれまで解剖学の講義・実習を受ける機会がなかった、意欲のある参加者を募集いたしますので、ふるって応募いただけますようお願いいたします。

 本企画は、若手研究者の人材育成を目指すとともに、将来的に異分野から脳科学に進まれる研究者に対するトレーニング手法の開発にも資するものを目指しております。そのため、各種アンケート等にもご協力いただけることを条件とします。また、受講を採択された方の氏名、所属は公開いたしますので、その点もご了解いただきご応募いただけますようお願いいたします。参加採択された方には、自然科学研究機構規定の旅費・宿泊費を支給いたします。また、参加費は必要ありません。

 尚、本件につきましては生理研が担当しています総研大・生理科学専攻の大学院生以外を対象としております。生理科学専攻の大学院生に対してはまた別途ご案内いたします。

開催場所:生理学研究所

講師:

日程:2013年3月12日〜14日

場所:生理学研究所

3月12日(火)

3月13日(水)

場所:生理学研究所(詳細は後日ご案内します)

参加申請:〆切 2013年3月1日

連絡先:E-mail:yoshidaアットnips.ac.jp