本文へジャンプ Last update
2015/12/03

生理学研究所 研究会


「シナプス・神経ネットワークの機能ダイナミクス」



開催日: 2015年12月 2日(水)〜 3日(木)

会 場: 生理学研究所1階 大会議室

代表者:

神谷 温之 (北海道大学 大学院 医学研究科)

所内対応者: 

吉村 由美子 (視覚情報処理研究部門)



2015年度 シナプス研究会 開催について

今年も上記の日程で、生理研シナプス研究会を開催します。ぜひ研究会へご参加いただけるよう、ご案内申し上げます。

 

シナプスレベル、あるいは細胞レベルでの神経研究が、現在の神経科学の重要な礎を築いてきたことはいうまでもありません。神経科学に真に定量的な記述を与えるボトムアップ的な神経研究は、きわめて重要なベーシックサイエンスであり、包括的な脳機能理解を目指す今後の神経科学の方向性において極めて重要な基礎分野と位置づけられます。シナプス研究会はこの様な共通認識に基づく研究者集団が、論文発表前の最新の研究成果をもちより討論を重ね、国際的な成果発表に結びつけるディスカッションの機会として、20年あまりにわたり開催されてきました。

 

この研究会をより建設的な方向に発展させる試みとして、今年度も新規メンバーの参加を募ります。参加旅費には限りがありますが、発表者で旅費サポートが必要な際は優先的に支援いたします。また、プログラムはホームページで公開する予定ですが、抄録は参加者のみに配布する形式にする予定です。

 

昨年度に引き続き、ポスター演題も募集いたします。ポスター演題に関しましては抄録の提出は不要です。大学院生など若手研究者に発表してもらい、研究内容を議論する機会になればと思います。

 

つきましては、以下の要領で口演及びポスター発表の演題を募集します。皆様のご発表と積極的なご参加をお願い申し上げます。

 

 

* 演題申込締切:2015年11月 11日(水) 締め切りました! 

* 抄録投稿期限:2015年11月 13日(金) 
* 抄録様式:A4用紙1枚、PDFファイル提出、書式任意 
* 抄録・発表は英語でも日本語でも可

* ポスター発表者は「備考」欄に ポスターを希望する旨および演題名を記入

 ポスター発表は抄録不要

 

 口演の先生方には研究会後、報告書作成のための600字の要旨の提出を依頼します。この報告書は、後日、生理研ホームページにて公開される予定です。ご了解ください。


なお、今年度は、本研究会に先立って、包括脳支援シンポジウム「分子と回路をつなぐ神経ネットワーク研究の新展開」(12月2日午後)を開催する予定です。予定招待講演者は以下の4名です。

 

久場博司 (名古屋大学)
軸索起始部の構造と機能の可塑的制御


御園生裕明 (同志社大学)
カルシウム活性化カリウムチャンネルによる軸索興奮伝導の新規調節機構


Mario Carta (Bordeaux University)
Novel form of plasticity at mossy fiber-CA3 synapse


山本亘彦 (大阪大学)
神経活動依存的な視床皮質軸索の分岐形成を担う細胞・分子メカニズム

 

皆様、どうぞふるってご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。

 

 

お知らせ

 

 






 
2015/12/02 - 03 研究会を開催しました。
2015/11/16 プログラムをアップしました。
2015/11/11 申込を締め切りました。
2015/11/04 申込期間を延長しました。
2015/10/06 2015シナプス研究会のホームページを開設しました。
   



   Copyright(C) 2014. All rights reserved..