Personal Information

  • 吉田 正俊 (よしだ まさとし, Masatoshi Yoshida)
  • 助教, 医学博士, 薬剤師 (Assistant Professor, Ph.D., Pharmacist)
  • 生理学研究所 発達生理学研究系 認知行動発達研究部門 (Department of Developmental Physiology, National Institute for Physiological Sciences)
  • Curriculum Vitae
  • Researchmap
  • Google Scholar
  • Mail: mail2.png
  • 個人的なwebサイトでブログを書いております。

研究の紹介

盲視、半側空間無視、統合失調症の動物モデルを用いた研究を通して「精神・神経疾患の症状と回復のメカニズムの解明による医療的貢献」および「意識の科学的解明」を目指しています。

神経生理学的手法、心理物理学的手法、計算論的神経科学の手法を組み合わせることによって、視覚的気づき(盲視)、空間と身体への気付き(半側空間無視)、自己と現実への気付き(統合失調症)の解明を進めることが意識の科学的解明にとって有効なストラテジーなのではないかと提唱しております。

発表論文はCurriculum Vitaeから辿ることができます。主なものは以下参照:


研究関連のリソース

  • 2015年6月10日に行われた東京大学 学際科学科 総合情報学特論III でオムニバス講義「意識の神経科学:「気づき」と「サリエンシー」を手がかりに」を担当しました。配布資料をslideshareからダウンロードできます。[ブログでの記事]
  • 2014年9月15日 「サリエンシーマップの視線計測への応用」というポスター資料を作成しました。slideshareからダウンロードできます。[ブログでの記事]
  • 2014年6月11日に行われた東京大学 学際科学科 総合情報学特論III でオムニバス講義「意識の神経科学を目指して」を担当しました。配布資料をslideshareからダウンロードできます。[ブログでの記事]
  • 2013年11月2日に行われた科学基礎論学会 秋の研究例会 ワークショップ 「神経現象学と当事者研究」で講演を行いました。配布資料をslideshareからダウンロードできます。[ブログでの記事]
  • 2013年6月29日に行われた第2回自然主義研究会 ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会 で講演を行いました。配布資料をslideshareからダウンロードできます。[ブログでの記事]
  • 2013年6月26日に行われた東京大学 学際科学科 総合情報学特論III でオムニバス講義「意識の科学的研究 - 盲視を起点に」を担当しました。配布資料をslideshareからダウンロードできます。[ブログでの記事]
  • 2013年6月14日に行われた総合研究大学院大学 生命科学系 生理科学専攻 大学院講義 「認知と運動の脳科学」で第8回「盲視の脳内機構」を担当しました。配布資料をslideshareからダウンロードできます。[ブログでの記事]
  • 2013年5月24日に行われた総合研究大学院大学 生命科学系 生理科学専攻 大学院講義 「認知と運動の脳科学」で第4回「注意と運動」を担当しました。配布資料をslideshareからダウンロードできます。[ブログでの記事]
  • 2013年4月7日 脳科学辞典「盲視」の項目を執筆しました。査読前の原稿をブログ記事に掲載しました。
  • 2013年2月28日 脳科学辞典「気づき」の項目を執筆しました。査読前の原稿をブログ記事に掲載しました。
  • 2012年12月27日 脳科学辞典「マイクロサッケード」の項目を執筆しました。査読前の原稿をブログ記事に掲載しました。
  • 2012年12月24日 脳科学辞典「サリエンシー」の項目を執筆しました。査読前の原稿をブログ記事に掲載しました。
  • 2010年10月31日に行われたASCONE2010で「注意の計算理論で盲視を調べる」という講義を行いました。参考資料として、講義概要と実習の説明のページを「ASCONE2010注意の計算理論で盲視を調べる」に作成しました。
  • 2010年09月09日「長期記憶の脳内メカニズム」という総説記事を作成しました。 [ブログでの記事]
  • 2009年01月13日 色弁別実験時に作成した「DKL色空間についてまとめ」を「DKL色空間」(PDF file)としてまとめておきました。 [ブログでの記事]
  • 2008年03月07日 JNS論文執筆時に作成した「ヒストグラムの適合度の尤度比検定ってこれで良いの?」を「ヒストグラムの適合度の尤度比検定」(PDF file)としてまとめておきました。 [ブログでの記事]
  • 2008年10月29日に行われた「脳科学研究戦略推進プログラム分科会 皮質脳波」で「細胞外電極は何を見ているか」という題でショートトークを行いました。この内容を増補したものを「細胞外電極は何を見ているか」(PDF file)にまとめてあります。 [ブログでの記事]
  • 2007年10月6日に行われたASCONE2007講義で「盲視が明らかにする"気づき"の脳内情報処理」という講義を行いました。このときの参考資料として、盲視に関する簡単な紹介を「盲視(blindsight)の神経機構」に作成しました。