[実りある議論のためのリソース]

「実りある議論のためのリソース」と題して講演者のみなさまに関する参考文献などを挙げるコーナーを作成しました。まったくもってわたくし吉田正俊の独断ですので、これで当たっているかどうかは保証の限りではありませんのであしからず。

まずは第1日目の講演者の方に関して。第1日目は全体として「注意」のパートとなっております。

1. 「脳損傷患者における注意と意思決定」 鈴木 匡子 (山形大学大学院医学系研究科 高次脳機能障害学)

鈴木匡子さんは今年から山形大の教授となられました。神経心理を専門とされていて、高次脳機能障害の患者さんの症例のレポートを多く発表されています。鈴木匡子さんは日本で数少ない、blindsightの患者さんのレポートをされた方でして(J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2000 Jun;68(6):782-6. "Intact verbal description of letters with diminished awareness of their forms." Suzuki K, Yamadori A.)、わたしはその縁でお知り合いとならせていただきました。

2. 「注意のトップダウン制御原理 - 次元加重、課題構え、探索モード」 熊田 孝恒 (産業技術総合研究所 人間福祉医工学研究部門 認知行動システム研究グループ)

熊田孝恒さんは産総研で注意の心理物理をされている方です。サーチタスクのパラダイムを用いて、top-down attentionについて研究されていますが、脳損傷の患者さんを被験者とした研究も行っておられます。

3. 「行動価値予測の誤差とリスク - 行動適応における前頭前野内側部の役割」 松元 まどか (理化学研究所 脳科学総合研究センター)

松元まどかさんのNature neuroscienceについては予習シリーズでとりあげました。今回の講演では、松元健二さんが神経科学大会のシンポジウムで話されたtop-down attentionの話が加わったものとしてお話しいただけるのではないかと思います。

4. 「注意が意思決定に変わるとき - 変換場としての頭頂連合野機能」 小川 正 (京都大学大学院医学研究科 認知行動脳科学)

小川正さんのお仕事についても予習シリーズでとりあげました。ちょっと尻切れトンボ気味でしたが。Visual searchのパラダイムを用いて、top-down attentionとbottom-up attentionがどのようなinteractしているのかということをニューロンの活動で示しています。V4, FEFのデータに関してはこれまでに発表されていますが、今回の講演ではLIPのお話も伺えるのではないかと思います。

「実りある議論のためのリソース」つづき。第2日目の講演者の方に関してです。第2日目は全体として「意志決定」のパートとなっております。

5. 「情動に基づく意思決定のための大脳基底核関連回路」中原 裕之(理化学研究所 脳科学総合研究センター 理論統合脳科学研究チーム)

中原裕之さんは計算論神経科学をされておりまして、情報幾何をスパイク列に応用したお仕事(Nakahara, H., & Amari, S. (2002). "Information geometric measure for neural spikes." Neural Computation. 14(10): pp2269-2316.)で有名ですが、実験神経生理学者とも多くのコラボレーションを行って成果を出されております。今回は大脳基底核についてお話をされますが、それ以外にもattentional modulationによるtuningに関する仕事(Neural Computation 2001やNeural Networks 2002)や上丘のsaccadic burstに関わるlocal circuitに関する仕事(Journal of Neurophysiology 2006)などさまざまです。

6. 「社会的状況における意思決定のメカニズム」春野 雅彦(国際電気通信基礎技術研究所 脳情報研究所)

春野雅彦さんはMOSAICモデルの論文(Haruno M, Wolpert DM, Kawato M: MOSAIC model for sensorimotor learning and control. Neural Computation, 13 2201-2220 (2001))の著者として有名ですが、近年はhuman fMRIを使った理論の検証を進めておられます。今回発表される内容はこれまで発表されているものとは違うもののようですが、human fMRIのお仕事をリストしておきます。

7. 「ヒトにおける金銭的価値の脳内表現 - 機能的MRIによる神経経済学的研究」筒井 健一郎(東北大学大学院生命科学研究科 脳情報処理分野)

筒井健一郎さんは日大酒田研時代のCIPでの3D surface codingのお仕事(Science. 2002 Oct 11;298(5592):409-12. "Neural correlates for perception of 3D surface orientation from texture gradient." Tsutsui K, Sakata H, Naganuma T, Taira M.)が有名ですが、現在は東北大に移動されて新しい仕事を始めておられます。今回の発表では、human fMRIでの神経経済学的アプローチでの成果をお話しいただきます。まったく新しい仕事ですので、参考文献は挙げておりません。

8. 「意思決定の適当さ」渡邊 克巳(東京大学先端科学技術研究センター(認知科学分野), (独)産業技術総合研究所, (独)科学技術振興機構)

渡邊 克巳さんは下條先生のところ、彦坂先生のところで仕事を出され、多彩な成果を出しておられます。ERATOの下條潜在脳機能プロジェクトの意思決定グループのリーダーでもありまして、意志決定に関する潜在脳機能にアプローチをされております。次回から予習シリーズで採りあげさせていただきます。以下は要旨にありました、参考文献のリストです。


作成:生理学研究所・認知行動発達・吉田 正俊
Last update: 2007年9月27日