2008年の生理研研究会は無事終了しました。みなさまどうもありがとうございました。


[参加申込の手続き]

リンク先にあります申し込みフォームにご記入の上、お申し込みください。 以下の情報について忘れずご記入ください。

  1. 氏名・所属・身分
  2. 懇親会への参加・不参加(懇親会費は給与収入のある方は4,000円、学生は2,000円です。)
  3. 宿泊施設(三島ロッジ)予約の希望の有無(9/10夜および9/11夜が宿泊可能です。日数もご指定願います。 三島ロッジに関する情報はhttp://www.orion.ac.jp/lodge/をご覧ください。一泊あたり3000円弱です。)

なお、三島ロッジは確保している部屋数に限りがありますので早めの申し込みをお勧めします。(9/8 満員になりましたので締め切りました。)

不明な点は吉田 正俊までメールでご連絡ください。

[神経科学者SNSへの参加のお誘い]

参加申し込みが完了しますと、神経科学者SNSからの招待メールが届きます。登録していただきますと、研究会専用コミュニティー(「生理研研究会2008 動機づけと社会性の脳内メカニズム」)に参加できるようになります。

コミュニティーへ参加申し込みをしていただくと直ちに承認をいたします。(研究会参加申込者のみがコミュニティーへ参加できます。) ぜひ積極的に書き込みなどしていただけるとありがたいです。

総合討論での質問およびトラベルアワードに関する情報もこちらで扱います。

[総合討論での質問の募集およびトラベルアワードの募集]

今回の研究会では、新たな試みとして、総合討論の時間を設けました。総合討論をより生産的な議論の場とするために、その場で質問したいことを皆様から広く募集させていただきます。脳の高次機能に関心を持っている学生や若手研究者の方々は、奮ってご応募下さいますようお願い申し上げます。なお、「これぞ!」と思われるquestionsをお考え下さった応募者の中から数名(3-4名程度となる予定です)、トラベルアワードとして旅費をご用意させていただきますので、ぜひご応募ください。

対象となるのは、講演者と指定討論者以外のすべての方ですが、若手の方を優先します。申し込み時にトラベルアワードを応募して、総合討論での質問を投稿して頂く必要があります。

応募方法ですが、研究会参加申し込みのあとに神経科学者SNSの専用のコミュニティ(「生理研研究会2008 動機づけと社会性の脳内メカニズム」)に入れるようになります。ここに[総合討議の質問投稿用トピック]を作成してありますのでここに投稿してください。

(訂正8/6: 参加フォームからの投稿、メールでの投稿は廃止として、SNSへの投稿に一本化しました。ご了承ください。)

締め切りは8/24です。トラベルアワードの受賞者は研究会事務局で討議の上、8/31に発表・連絡する予定です。

神経科学者SNSの専用のコミュニティでは募集質問の「傾向と対策」などについても記載しております。ぜひ覗いてみてください。たとえば、特定の講演者に対するspecificな質問よりは、講演者の発表を踏まえつつも参加者全体で議論できるような、将来に向けた質問を考えていただけるとポイントが高いのではないかと思います。

8/31(9/3 update): トラベルアワードの採択者を決定しました。研究会事務局での協議の上、神経科学者SNSの専用トピック [総合討議の質問投稿用トピック]に質問を投稿してくださいました、藤本淳様(旭川医大)、桑原優様(RIKEN BSI)、桑島真里子様(都神経研)、柴田和久様(ATR)、松本惇平様(富山大学)の五名の方としました。おめでとうございます。

[宿泊施設に関して]

申し込みフォームから三島ロッジの予約を申請することが出来ます。三島ロッジに関する情報は機構サイトをご覧ください。一泊あたり3000円弱です。なお、三島ロッジは確保している部屋数に限りがありますので、ご希望に添えない場合があります。早めの申し込みをお勧めします。(9/8 満員になりましたので締め切りました。)

周辺のホテルに宿泊される方はご自分での予約をお願いします。生理学研究所周辺の主なホテルのリストと地図を参考にしてください。


作成:生理学研究所・認知行動発達・吉田 正俊
Last update: 2008年9月8日