[参加者アンケート結果]

研究会終了後に本webサイトで参加者の方に匿名でアンケートを記入していただきました。参加者総数96人のうち、50人(=52%)の方にご記入いただきました。どうもありがとうございます。以下にその結果を集計したものを掲載します。これらのご意見は今後の研究会開催・運営の参考とさせていただきます。

なお、運営での協議の結果、各講演の評価に関しては公開は行わず、講演者の先生方にのみ送付させていただくことにしました。

[参加者ご自身について教えてください]

  • あなたは以下の分類のどれに属しますか?
  • 学部学生 大学院生 ポスドク 大学・研究所教員 医療関係者 その他
    3 15 3 22 3 4
  • どのような立場で参加されましたか?
  • 講演者 指定討論者 参加者
    6 6 38
  • これまでの生理研研究会で参加したものがあったらチェックマークを入れてください。
  • 2007 2008 2009 2010
    10 13 5 4

[研究会について]

  • どのようにしてこの研究会を知りましたか?
  • 研究室 ML Web 印刷媒体 知り合い その他
    2 8 12 0 20 8
  • 研究会の長さ(半日*2)は適当でしたか?
  • はい 長すぎ 短すぎ
    46 0 4

[会場に関して]

  • 講演会場の大きさは充分でしたか?
  • はい 小さすぎ 大きすぎ
    45 0 5
  • 講演は聞き取りやすかったですか?
  • はい いいえ
    45 5
  • 質問は聞き取りやすかったですか?
  • はい いいえ
    33 17

[懇親会について]

  • 食べ物飲み物の質はいかがでしたか?
  • 最高 よい ふつう ひどい 不参加
    1 13 22 3 9
  • 懇親会費の設定は適当でしたか?
  • はい 高すぎ 安すぎ
    38 4 0

[講演について]

  • 全体として講演の質は良かったですか?
  • 最高 よい ふつう ひどい 不参加
    9 40 1 0 0

[今後の研究会で希望するテーマがあったら記入してください]

  • iPS, わかるということ、言語や概念の構造化と脳神経細胞ネットワークの構造(化)の関係 (素人の興味ですみません)
  • 方法論.認知機能をテーマにするのでなく,認知神経科学周辺の各研究における方法論(理論,実験設計,計測,解析)の可能性と限界をテーマにする.
  • 発表者の研究内容の紹介につづけて,周辺の方法と比較しながら,言える事と言えない事を議論してもらう.特に,後者.論文からは明示的には分からない,得られた結果から「言いたいけど言えない事」を明確に示してもらいたい.
  • 「個人差」または「個体差」とか?「多様性・進化・社会」とか?
  • 進化
  • 本能行動(衣食住sex)と社会行動との関係に関するテーマ
  • 自己認知(Minimal SelfからNarrative Selfまで)
  • 学習
  • 脳の同期性とリズム
  • コミュニケーション
  • ちょっと思いつきません。すみません。
  • 認知訓練と神経可塑性
  • ゲノムと認知機能
  • 月並みですが、「記憶」「感情」に関する最近の成果はどうでしょうか。
  • 自他の区別、他者理解
  • (できれば工学的な)応用の可能性
  • 運動行為・行動
  • 推論・類推などのテーマで,電気生理から計算モデルへ繋がる内容.
  • リアリティ
  • 注意
  • 記憶
  • 問題解決などの高次認知過程(洞察などを含む)
  • メタ認知。(社会的)価値。
  • 神経経済学、神経/精神疾患
  • 今回の研究会では、推論といっても殆どが選択行動や注意のようなものに偏っていたので、論理的思考や仮説検証といったより高次の認知過程の問題と神経科学との関連を論じて欲しい。
  • 記憶
  • 認知機能・神経系の発達
  • 認知機能・神経系の種間比較
  • 「意識と無意識」「運動学習」
  • 認知科学、認知心理学から見た「推論」
  • 刺激等価性について

[今後の研究会で講演を希望する先生がいらっしゃいましたら名前を記入してください]

  • 土谷 尚嗣
  • 中原裕之,池谷裕二,山田洋,村山航,
  • 金井さん、春野さん、笠井さん、村井さん(京大)、大槻久さん(東工大)、山岸先生(玉川)とか、上のテーマ例ならですが。
  • 磯田先生
  • ぜひ吉田正俊先生にお願いしたいです。
  • 山末英典(東京大学精神科)
  • 竹内光(東北大学加齢研)
  • 理研の谷藤さん,田中啓治さん.
  • 藤井直敬先生

[最後になにかコメントがありましたらこちらにどうぞ]

  • 一部、指定討論のあり方や各演題と「推論」との関連性に若干の疑問を感じたものの、全体的に楽しめました。勉強になりました。
  • 研究者でなく、一般にもオープンにしていただけて、大変感謝しています。非常に面白かったです。若い方が多いのも印象的でした。
  • 参加して、大変収穫の多い研究会でした。どうもありがとうございました。
  • 非常に良い刺激を受けました。可能であれば来年も参加させていただきたいと考えています。
  • いつもながら活発な議論が行われる研究会で,有意義な2日間でした.それでも,さらに多くの意見を生み出すような議論方式がないかと思いました.例えば,指定討論者を3人くらい設定して,彼らの中で意見を交わしつつ,会場からも質問やコメントを受け付ける,など.質問者用マイクを増やした方が良いかと思います.主には,真ん中の2つの通路に1本ずつでしたが,さらに両壁側の通路にも1本ずつにする.もしくは,マイク係をもう2人くらい増やす.座ったまま発言をはじめる方も多かったので,後者の方が良いかも知れません.研究会運営および発表者や質問・コメントで会を盛り上げていた参加者の方々に感謝します.ありがとうございました.楽しかったです.
  • 全体に議論の密度が高く、非常に勉強になる会でした。ただ研究会2日目になると、睡眠不足と二日酔いゆえか、ディスカッションの勢ていがわずかに失速してしまったように感じられて少し心残りでした。
  • 2日目は午後までやって15:00ぐらいでしめてもよいかもです。弁当はその場合販売とか、ランチョンで特別講演とか。
  • とても有意義な時間を過ごすことができました。企画者、口演者の皆様に感謝いたします。
  • マイクの数が足りなかったと思います。
  • ありがとうございました。とても勉強になる、楽しい研究会でした。もっと本質的な、激しい議論が繰り広げられるのかと期待していましたが、指定討論者の質問も含めて、少し食い足りない気がしました。議論の時間がもっと長くあれば良かった。進行の役割上、そうはできないのでしょうが、吉田先生のご意見をもっとお聞きしたかった。些末なことですが、講演者や質問者によってはマイクが口から遠く、聞き取りにくいことがあったので、そこは運営側が指摘して修正し頂きたかったです。
  • 推論というテーマは大変魅力的でしたが,講演内容は必ずしもそのテーマに沿っていたかというと疑問でした,内容自体は興味深かったのでよいのですが,各講演者が推論をどう定義してどう捉えているのかなどの話があったほうがよかったかと思います。
  • 進行方法や指定討論の仕方など、いろいろ勉強になりました。ありがとうございました
  • いつも楽しみにしております。予定があえばまた参加させていただきます。
  • 毎年楽しみにしています。今年の有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。
  • 今回の研究会では、若手の大学院生の発表がありましたが、このような試みも面白いと思います。持ち時間が多少短くても、このような機会を作ることを、今後も考えてみられたらどうかと思います。
  • 毎年楽しみにしております。運営は大変かと存じますが、継続していただけることを強く望みます。
  • 今回参加して大変勉強になりました.
  • 1日目しか参加できませんでしたが,良い刺激になりました。来年も参加させていただきます。
  • 大変興味深いお話がうかがえたのですが,研究会のタイトルにある「推論」を意識してお話をされている方が少なかったのが少し残念でした。
  • インスパイアされました。大変ありがとうございました。
  • 多くの刺激を受け、大変有意義に過ごせました。非常に配慮の行き届いた運営も、素晴らしかったです。ありがとうございました。
  • 二日間ありがとうございました。
  • 理学療法士ですが、参加させていただきました。なかなか臨床に直結しづらいですが、これから新たに臨床を創造していくためにもこのような会にどんどん参加したく思います。これからもよろしくお願いします。
  • 参加してよかったです。開催の準備、運営、後片付け等ありがとうございました。
  • 参加費が格安なのに内容がとても充実していて、大変有意義でした。半日ずつ2日に分ける方法も、それぞれに余裕がある日程で良かったです。ありがとうございました。懇親会の食事は、揚げ物がもう少し少ないとなお良かったです。