本文へスキップ

Last UP DATE

2017/08/08

2017年度温熱生理研究会 開催について

生理学研究所 研究会 「温熱生理研究会」
開催日;2017年8月23日(水)-24日(木)
開催場所;自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター(山手3号館大会議室)

研究会趣旨

 温熱生理学は歴史ある研究分野であり、多くの日本人研究者が活躍してきた分野である。しかし、他分野と比較してやや停滞感があった。近年、TRPイオンチャネル分子群の発見、体温調節反応を指令する中枢神経路の解明、成人での褐色脂肪熱産生機能の発見などによって、体温調節に関する研究は新たな展開期を迎えている。 また未だ明確な解決が見られない熱中症に対する対策も大きな問題となっている。平成 17 年から始まった本研究会は、分子レベルからホールボティまで、様々なレベルで温熱生理学を研究する産学の研究者が参加している。
 本研究会では、体温調節をはじめ、混熱ストレスに興味を持つ様々な分野の研究者も参加し、体温調節・温度受容をテーマに議論を重ね、新たな共同研究の機会を生み出すことにも寄与してきた。 平成 29 年度の温熱生理研究会では、若手研究者育成も踏まえて最新の研究成果を発表し、今後の重要研究課題に ついて議論する機会を企画する。また、温熱生理学と関連する他の科学分野で活躍する研究者を招待し、今後の学際的研究連携の可能性について探るテーマを企画する。


代表者;永島 計(早稲田大学)
世話人;富永真琴(岡崎統合バイオサイエンスセンター)

お知らせ

2017年8月08日
参加登録をされた方に抄録集を送付いたしました。受け取っていない方は事務局までご連絡ください。
2017年8月03日
Programを掲載しました。
2017年7月14日
演題応募締め切りを7月27日まで延長いたします。
2017年6月20日
サイトをオープンしました。演題・参加登録を開始します。