本文へスキップ

Last UP DATE

2017/08/08

プログラム

プログラム

平成 29 年 8 月 23 日(水)13:00 
13:00–13:05世話人挨拶
 Session 1 
13:05−13:30Thermosensory perceptual learning is associated with brain changes in parietal-opercular (SII) cortex.
Hiroaki Mano1,2, Ben Seymour1,2
1国立研究開発法人 情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター 脳情報通信融合研究室, 2株式会社国際電気通信基礎技術研究所 認知機構研究所 行動変容研究室)
13:30−13:55アスリートが感じる夏季スポーツ活動中の病的症状の発生要因
山下直之1,久米雅2,新矢博美3, 寄本明4, 芳田哲也1
1京都工芸繊維大学 基盤科学系, 2京都文京短期大学 食物栄養学科, 3京都女子大学 発達教育学部, 4京都女子大学 家政学部)
13:55−14:20表面温度に依存したヒト温熱・痛覚認知処理過程の特性
中田大貴1,柿木隆介2,芝﨑学1
1奈良女子大学 研究院生活環境科学系, 2生理学研究所 統合生理研究部門)
14:20−14:45暑熱負荷時の認知機能評価
芝﨑学, 中田大貴
(奈良女子大学 研究院生活環境科学系)
14:45−15:00休憩
Session2 
15:00−15:25暑熱負荷に対するWillis動脈輪の血流応答
佐藤 耕平1, 芝崎 学2, 小河 繁彦3
1東京学芸大学, 2奈良女子大学, 3東洋大学)
15:25−15:45下肢炭酸泉浴の血管内皮機能に及ぼす影響
小河繁彦
(東洋大学 理工学部 生体医工学科)
15:45−16:10夏季のハーフマラソンにおける市民ランナーの体温、飲水量、脱水率および血液・生化学指標
松本孝朗1,佐藤桃子1,山下直之2,樊 孟1,稲葉泰嗣1,加治木政伸1,星 研一3
1中京大学 体育学研究科, 2京都工芸繊維大学, 3長野赤十字病院)
16:10-16:25休憩
Session3 
16:25−16:50生息環境に応じた温度感覚の進化:異なる至適温度を持つ両生類種の比較解析
齋藤 茂1,2,齋藤くれあ1,太田利男3,富永真琴1,2
1岡崎統合バイオサイエンスセンター(生理学研究所), 2総合研究大学院大学・生理科学, 3鳥取大学・獣医薬理)
16:50−17:15Functional interaction between thermosensitive TRPV4 and TMEM16A/anoctamin 1 contributes to stimulated saliva and tear secretion
Derouiche S.1, Takayama Y.1, Murakami M.2, Tominaga M.1
1Division of Cell Signaling, National Institute for Physiological Sciences, Okazaki, Japan, 2National Institute for Physiological Sciences, Okazaki, Japan)
17:40−18:05マウス近交系を用いた能動的低代謝メカニズムの解明
砂川 玄志郎,高橋 政代
(理化学研究所 多細胞システム形成研究センター 網膜再生医療研究開発プロジェクト)
 終了後懇親会
平成 29 年 8 月 24 日(木)
Session 4
09:00−09:25高体温障害の早期検知を目指した運動時の生体信号計測の試み
永島 計1,増田雄太2, 坂井禎良2,加藤一聖1, 広瀬統一2, 田島卓郎3、瀬山倫子3、樋口雄一4、桑原啓4
1早稲田大学人間科学学術院, 2スポーツ科学学術院, 3NTT先端集積デバイス研究所, 4NTTデバイスイノベーションセンタ)
09:25−09:50WBGTの温熱生理学的な意義の検討
時澤 健,ソン スヨン
(独立行政法人 労働安全衛生総合研究所)
09:50−10:05青年男女の寒冷血管拡張反応に及ぼす肥満度の影響
丸井 朱里,永島 計
(早稲田大学 人間科学研究科 体温・体液研究室)
10:05−10:30制汗剤 塩化アルミニウム水溶液の長期連続塗布による汗腺構造の変化
犬飼洋子,岩瀬 敏
(愛知医科大学 医学部生理学講座)
10:30−10:45休憩
Session 5
10:45−11:10外側腕傍核を介した神経伝達が駆動する体温調節行動
八尋貴樹1, 片岡直也1, 中村佳子1, 中村和弘1,2
1名古屋大学 大学院医学系研究科・統合生理学, 2JST・さきがけ)
11:10−11:35雌ラットにおいてエストロゲンがL-メントール刺激時の体温調節反応へ与える影響
渥美小優季,内田有希
(奈良女子大学生活環境学部心身健康学科生活健康学コース 女性環境科学研究室)
11:35−12:00脳出血による発熱の分子・細胞メカニズム:COX-1の関与
篠崎一秀, 中村優太, 松村潔
(大阪工業大学 工学研究科 生体情報研究室)
12:00-12:25白色脂肪組織の褐色脂肪化におけるCREG1の役割
楠堂達也1,橋本理尋2,竹内環2,片岡直也3,山下均2
1帝塚山学院大学 人間科学部, 2中部大学 生命健康科学部, 3名古屋大学大学院 医学研究科)
12:25−12:30閉会の挨拶

更新情報

2017/Aug/08
発表者を一部修正しました。
2017/Aug/03
Programを掲載いたしました。