本文へスキップ

Last UP DATE

2019/08/02

プログラム

プログラム

令和 1 年 8 月 22 日(木)13:00 
13:00–13:05世話人挨拶
 Session 1 
13:05−13:30単離した脳血管/くも膜標本による炎症時のプロスタグランジンE₂産生機構の解析
北川 大夢(大阪工業大学 工学研究科)
13:30−13:55温熱刺激が骨格筋代謝に及ぼす影響
後藤 亜由美(中部大学 生命健康科学部)
13:55−14:20心臓のマルチスケールな構造に備わっている温度を活用する仕組みの研究
新谷 正嶺(中部大学 生命健康科学部 生命医科学科)
14:20−14:45暑熱順化によるマウスの自発的運動量の変化
増田 雄太(早稲田大学 人間科学研究科 体温・体液研究室)
14:45−15:00休憩
Session2 
15:00−15:25生体信号採取による温熱負荷の評価法の検討
加藤 一聖(早稲田大学 人間科学研究科)
15:25−15:50性周期が就寝中の胸部皮膚温度に及ぼす影響
丸井 朱里(早稲田大学 人間科学学術院 体温・体液研究室)
15:50−16:15Effect of menstrual cycle phase on skin temperature and thermal sensation in the feet during menthol application in young women
Yuki Uchida(Women’s Environmental Science Laboratory, Faculty of Human Life and Environment, Nara Women's University)
16:15-16:40 Thermal Gradient Ring を用いたマウスの温度依存的行動解析
宇治澤 知代(生命創成探究センター 温度生物学研究グループ)
16:40-16:55休憩
Session3 
16:55−17:20ヒト褐色脂肪組織活性の日内変動
斉藤 昌之(北海道大学)
17:20−17:45介護者と利用者の視点から見た高齢者施設の夏期の温熱・におい環境について
横江 彩(中部大学 工学部)
 終了後懇親会
平成 30 年 8 月 24 日(金)
Session 4
09:00−09:25褐色脂肪細胞およびベージュ細胞が持つ新たな可能性 〜尿路結石形成の抑制〜
杉野 輝明(名古屋市立大学大学院医学研究科 腎・泌尿器科学分野)
09:25−09:50CREG1の病態生理学的役割の解明
山下 均(中部大学 生命健康科学部)
09:50−10:15ハムスターにおける褐色脂肪組織の生後発達と恒温性の獲得
岡松 優子(北海道大学 大学院獣医学研究院)
10:15−10:30休憩
Session 5(ミニシンポジウム):「冬眠・休眠と低体温」
10:30−11:00マウスTorporの近交系での比較
吹田 晃享(岡山大学大学院医歯薬総合研究科 麻酔・蘇生学分野,理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクト)
11:00−11:30Cold-inducible RNA-binding proteinの冬眠様選択的スプライシング調節機構の解明
堀井 有希(岐阜大学大学院 連合獣医学研究科 獣医生理学研究室)
11:30−12:00マウス日内休眠を制御する神経回路の解析
山口 裕嗣(名古屋大学 環境医学研究所 神経系分野2)
12:00-12:30シリアンハムスターの脳内で産生される硫化水素の体温に及ぼす影響
渡邊 正知(福山大学 薬学部)
12:30−12:35閉会の挨拶

更新情報

2019/08/02
Programを掲載しました。
2019/07/02
Programは決まり次第掲載いたします。