生理研研究会2021
「新たなステージへと高度化するクライオ電子顕微鏡解析」
〜求められるクライオ電顕の高速化、自動化、効率化〜

NIPS EM Workshop 2021
Cryo-EM advancing to a new stage
- Required cryo-EM speedup, automation, and efficiency-

開催期日:2021年11月16日(火)10:00ー16:00
Nov 16, 10:00 am - 4:00 pm

【オンライン開催】

提案代表者:岩崎憲治(筑波大)/所内対応者:村田和義(生理研)

後援:生命創成探究センター(ExCELLS)
日本顕微鏡学会関西支部

申し込みは こちら Here

ミーティングIDとパスワードをお送りします。

登録〆切11月15日(月)末日。

プログラム Program:

開会 あいさつ Opening remarks
第一部 シンポジウム Symposium 1
〜求められるデータ取得の高速化、自動化、効率化〜
    セッションリーダー:岩崎 憲治 Sess. Leader: Kenji Iwasaki
1)
「氷包埋試料作製の新手法」
    加藤貴之(大阪大学) Takayuki Kato (Osaka Univ.)
2)
「電顕運用の効率化〜多種類のサンプルを処理するために〜」
    江原晴彦(理研横浜) Haruhiko Ehara (RIKEN Yokohama)
3)
「高速、高効率データ収集のための自動データ取得ソフトウエア」
    重松秀樹(理研播磨) Hideki Shigematsu (RIKEN Harima)
         〜 昼休憩 〜  Lunch brake
第二部 シンポジウム Symposium 2
〜求められるデータ解析の高速化、自動化、効率化〜
    セッションリーダー:村田 和義 Sess. Leader: Kazuyoshi Murata
4)
「オンザフライ解析を運用してわかった3つのこと」
    牧野文信(日本電子) Fumiaki Makino (JEOL)
5)
「高分解能構造決定のためのデータ解析支援」
    守屋俊夫(高エネ研) Toshio Moriya (KEK)
6)
「クライオ電子顕微鏡の創薬応用に向けた利用と期待値」
    平泉将浩(東大・田辺三菱製薬) Masahiro Hiraizumi (U. Tokyo/Tanabe-Mitsubishi Parma.)
         〜 休憩 〜  Brake
特別企画 Special Event
日本縦断オンライン・クライオ電顕ラボ・リレー Trans Japan Online Cryo-EM Lab Relay
北大、高エネ研、筑波大、理研横浜、ExCELLS、阪大蛋白研、阪大生命機能、理研播磨、OISTのクライオ電顕ラボを一挙公開!
閉会 あいさつ Closing remarks
        
お問い合わせ:Contact
村田和義 生理学研究所/生命創成探究センター(ExCELLS)
0564-55-7893, kazum @nips.ac.jp (no space)

11.14, 2021 Updated by KM