TOP >
 

第9回
生理学研究所・異分野融合脳科学トレーニング
          &レクチャー

「ヒト、サル、ラットの脳解剖学から
            神経回路を観察・解析・操作する技術へ」

日程:    2020年3月3日(火)-3月6日(金)

開催場所: 自然科学研究機構・生理学研究所(愛知県岡崎市)

参加申請: 締切 2020年1月31日(金)13:00

募集人数: 7名程度

応募様式: ホームページから

過去10年間で脳の神経回路を理解するための方法論が大きく進展しました。ただ、神経回路は電子回路とは事なり、大変複雑な構造を有しています。このような「生ものとしての神経回路」を解析していくためには、解剖学の基本に基礎を置きつつ、様々な方法論の可能性と限界を正しく理解しておくことが必要です。一方で、若手研究者や様々な分野から参入しようとする異なる専門分野の研究者の方にとっては、十分な講義や実習を受ける機会がありません。またモデル動物としてのラットやサルからヒトまでを横断的に理解する解剖学的にトレーニングの機会も十分ではありません。

このような状況を踏まえて、生理学研究所では、若手研究者(大学院生、企業研究者を含む)を対象にラット、サル、ヒトの解剖学の講義・実習を軸にした生理学研究所・異分野融合脳科学トレーニング&レクチャーを実施しています。今年の生理学研究所・異分野融合脳科学トレーニングレクチャーでは、げっ歯類と 霊長類の脳解剖実習から、大局的な神経回路を理解するための機能的MRI記録法、電気生理学的技術や覚醒下の動物からの活動記録法、そしてウィルスベクターの脳科学への応用技術について、最先端の研究を展開している研究者にその技術の概要につ いての座学講義と体験的実習を行っていただきます。

本企画は、若手研究者の人材育成を目指すとともに、将来的に異分野から脳科学に進まれる研究者に対するトレーニング手法の開発にも資するものを目指しております。そのため、各種アンケート等にもご協力いただけることを条件とします。また、受講を採択された方の氏名、所属は公開いたしますので、その点もご了解いただきご応募いただけますようお願いいたします。

このトレーニング&レクチャーに参加費は必要ありませんが、研究交流会は実費を頂きます。部分的な参加は受け付けていません。