[研究会プログラム](敬称略)

9月25日(月) 生理学研究所1F 大会議室

13:00-13:05 Opening remarks
村山 正宜 (理化学研究所 脳科学総合研究センター 行動神経生理学研究チーム)
13:05-14:05 "Consciousness without attention and large capacity conscious memory, investigated with metacognition"
土谷 尚嗣 (モナッシュ大学 School of Psychology, Faculty of Medicine, Nursing and Health Science)
14:05-16:35 Special session「回路操作によって意識研究は可能か」
14:05-14:20 趣旨説明 + 動物実験の立場から
吉田 正俊 (生理学研究所 システム脳科学研究領域 認知行動発達機構研究部門)
14:20-14:35 理論・ヒト研究の立場から
金井 良太 (株式会社アラヤ)
14:35-15:05 口演1: 「触知覚とその記憶の定着に関わる皮質間回路活動」
村山 正宜 (理化学研究所 脳科学総合研究センター 行動神経生理学研究チーム)
15:05-15:20 コーヒーブレーク
15:20-15:50 口演2: 「前障の機能解明を目指して」
北西 卓磨 (大阪市立大学 大学院医学研究科 神経生理学教室)
15:50-16:20 口演3: 「線虫C. elegansにおける機能的神経回路の抽出と統合情報量解析」
池田 宗樹 (名古屋大学大学院 理学研究科 生命理学専攻 生体構築論講座)
16:20-16:30 総合討論
16:30-17:00 "Evaluation and decoding of consciousness levels in drowsy or comatose patients by recoding various kinds of EEG and ECoG"
鎌田 恭輔 (旭川医科大学 医学部 脳神経外科)
17:00-17:30 ポスターセッション前フラッシュトーク
17:30-18:30 ポスターセッション (生理学研究所1F セミナー室)
18:30-20:30 懇親会 (生理学研究所1F セミナー室)

9月26日(火) 生理学研究所1F 大会議室

09:00-10:00 "What’s so wrong with “Qualia” (and related concepts)?"
下條 信輔 (カリフォルニア工科大学 Division of Biology and Biological Engineering)
10:00-10:30 "Emergentist Account for Non-Reductive Consciousness: Towards the Principle of Consciousness"
谷 淳 (沖縄科学技術大学院大学 (OIST) 認知脳ロボティクス研究ユニット)
10:30-11:00 「遷延性意識障害からの脱却を目指して −病態基盤の理解に基づく治療指針の立案と介入の実践経験−」
河島 則天 (国立障害者リハビリテーションセンター研究所 運動機能系障害研究部 神経筋機能障害研究室)
11:00-11:15 コーヒーブレーク
11:15-12:45 Debate session #4
田口 茂 (北海道大学 大学院文学研究科)
山田 真希子 (放射線医学総合研究所 脳機能イメージング研究部 脳とこころの研究チーム)
12:45-12:50 Closing remarks
吉田 正俊 (生理学研究所 認知行動発達研究部門