せいりけん.チャンネル
せいりけん市民講座 第28回
基礎医学からみたパーキンソン病 2013.11.16

 パーキンソン病は、手足が震える、動かしにくい、といった症状を示す1000人に一人程度の患者さんがいる頻度の高い神経難病です。
 脳の奥深くにある「大脳基底核」と呼ばれる場所の神経細胞の活動バランスが崩れると発症します。根本的な治療法はまだ見つかっていませんが、薬や電気刺激で神経活動のバランスを崩すと、ジストニアという別の病気を引き起こしたりします。「大脳基底核」の神経活動の変調が様々な病気を引き起こすメカニズムや、その治療法について、基礎医学の立場からお話しします。

・パーキンソン病とはどんな病気?

・パーキンソン病にかかわる神経回路とDBS療法

 

せいりけん市民講座 第28回
生理学研究所
基礎医学からみたパーキンソン病
» 『Neuronシミュレーターの基礎』  2013.10.07
せいりけん
ドットチャンネル
タグクラウド
tag-icon
  • brain 
  • SSH サイエンスショー せいりけん市民講座 
  • 人体 
  • 出前授業 マッスルセンサー  
  • 半透膜 うずら 
  • 市民講座 
  • 市民講座 せいりけん 心臓 AED 
  • 市民講座 脳 復活 
  • 画像 
  • 神話 
  • 科学 講座 JST科学コミュニケーションセンター NIPS 生理研 研修 研究 コミュニケーション ワークショップ 
  • 肺 
  • 脳 
  • 脳科学 
  • 錯視 
  • 錯視 SSH