計画研究:B班

B01 階層的な動的ネットワークの構築

overview_b01.jpg 脳を含む生体内には、空間的・時間的に階層性を持つ様々なスケールの振動・発振現象が存在します。それらがいかなる機構によって生成・維持され、またいかに機能・行動に関わるかについて、数理モデリング・解析・シミュレーションと、多点同時記録の生理学実験・解析を組み合わせて明らかにしていくことを目指します。

photo_morita.jpg
研究代表者 森田 賢治
東京大学大学院 教育学研究科 身体教育学コース
研究分担者 郡 宏
お茶の水女子大学 基幹研究院 情報科学コース
藤澤 茂義
理化学研究所 脳科学総合研究センター
システム神経生理学研究チーム

森田HP:http://www.p.u-tokyo.ac.jp/~morita/index.html
郡HP:http://www.is.ocha.ac.jp/~kori_lab/index.html
藤澤HP:http://fujisawalab.brain.riken.jp/aboutjp.html

B02 脳領域間の機能的ネットワークの推定

overview_b02.png脳領域間機能的ネットワークは、認知活動時の情報伝達の可視化方法や、脳疾患の診断方法として期待されています。
脳波の非線形振動特性を考慮した解析方法を開発し、様々な条件下での脳領域間情報伝達の解析を目指します。

photo_kitano.jpg
研究代表者 北野 勝則
立命館大学 情報理工学部 計算論的神経科学
研究分担者 青柳 富誌生
京都大学 情報学研究科 非線形動力学
北城 圭一
理化学研究所 脳科学総合研究センター 認知神経科学
連携研究者 中嶋 浩平
東京大学大学院 情報理工学系研究科
知能機械情報学専攻

北野HP:http://cns.ci.ritsumei.ac.jp/~kitano/
北城ラボHP:http://rbip.brain.riken.jp/
青柳ラボHP:http://wwwfs.acs.i.kyoto-u.ac.jp/

B03 ネットワーク自己再組織化の数理的基盤の創成

本計画研究ではネットワーク自己再組織化の数理的基盤を創成することを目標とし、次の3課題を設定する。

overview_b03.jpg
  • 研究課題1:ネットワーク病
    レビー小体型認知症の視覚性幻覚の数理モデルによって、ネットワーク病のひな型モデルを構築する。
  • 研究課題2:拘束条件下での神経ネットワークの自己再組織化の数理的解析 
    大脳新皮質の機能分化の数理モデルを構築する。また、実験動物の皮質活動を対象としたBMI・neuron operant conditioning実験を行い、拘束条件下での細胞特性およびネットワークの再組織化を解析する。
  • 研究課題3:振動的神経活動の統計解析および機能的意味の検討 
    実験と理論のsyntheticな共同研究を遂行し、振動的な神経活動に関する新しい統計解析を行う。
photo_tsuda.jpg
研究代表者 津田 一郎
中部大学創発学術院
研究分担者 伊藤 浩之
京都産業大学 コンピュータ理工学部
インテリジェントシステム学科
連携研究者 山口 裕
福岡工業大学 情報工学部 情報工学科
奥田 次郎
京都産業大学 コンピュータ理工学部
インテリジェントシステム学科
香取 勇一
公立はこだて未来大学
システム情報科学部複雑系知能学科
協力研究者 奈良 重俊
岡山大学 自然科学研究科 産業創成工学専攻
圓山 由子
函館工業高等専門学校 生産システム工学科
行木 孝夫
北海道大学 理学研究院 数学部門
山口 明宏
福岡工業大学 情報工学部 情報システム工学科

津田HP:http://www.isc.chubu.ac.jp/tsuda/
伊藤HP:http://www.kyoto-su.ac.jp/department/cse/kyoin/int/ito/index.html

group_a@2x.jpg group_c@2x.jpg