生理研研究会「力学系の視点からの脳・神経回路の理解」

開催日:2019年11月28日 ~2019年11月29日     
オンライン登録期間:2019年11月08日

研究会の概要

 経時的に変化する外界に柔軟に適応できる脳機能は、脳神経系が有する動的な特性により実現されると考えられ、実際に、この特性は、単一ニューロンやシナプスなどのミクロなスケールから全脳レベルの大域的回路に至るあらゆる階層において観測することができる。しかしながら、こうした動的特性が、脳機能の仕組みにおいて、どのように寄与しているかはまだ十分に理解されていない。とりわけ、リズムや同期といった脳活動は、認知機能のみならず、脳疾患時の機能不全とも密接な関係があるが、その詳細は不明な点が多い。一方、マルチニューロン活動計測や脳波・皮質脳波など、多点計測データの取得により、脳神経系の動的特性やその機能的意義について、多自由度力学系の観点から解析することが可能となり、近年、こうした研究に注目が集まりつつある。本研究会が、国内の関連する研究の議論の場となり、この分野における研究を推進することを期待する。

代表者

北野 勝則(立命館大学 情報理工学部 情報理工学科)

所内対応者

北城 圭一(生理学研究所 システム脳科学研究領域 神経ダイナミクス研究部門)

世話人

上原 一将(生理学研究所 システム脳科学研究領域 神経ダイナミクス研究部門)

共催

新学術領域「非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解(オシロロジー)」

場所

生理学研究所(明大寺地区) 愛知県岡崎市 名鉄東岡崎駅より徒歩7分(交通案内

日時

2019年11月28日 13:00時から 11月29日 12:00頃まで

受付

2019年11月28日 12:30から

宿泊案内

生理学研究所へのリンク

プログラム・抄録集

11月22日に修正しました。
11月19日に「プログラム・抄録集」に関してのメールを皆様に送らせていただきました。
PDF 2019.11.22

連絡先

何かありましたら上原(uehara@nips.ac.jp)までお問い合わせください。

ポスターについて

ポスター言語は英語、日本語どちらでもかまいません。
ポスター用のボードのサイズは横90cm × 縦120cm となります。

スピーカー・プログラム

11月28日(木)
13:30〜13:40 開会のあいさつ
13:40〜14:30 寺前 順之介
(京都大学大学院 情報学研究科)
ニューロンとシナプスの二重の確率性による大脳皮質の学習計算原理
14:30〜15:20 上田 肇一
(富山大学大学院 理工学研究部)
連発刺激印加による振動抑制法に対する分岐点近傍解析
15:20〜15:30 休憩
15:30〜16:20 朝吹 俊丈
(東京大学大学院 新領域創成科学研究科)
時系列情報の規則的構造を学習する神経回路モデル
16:20〜17:10 山下 祐一
(国立精神・神経医療研究センター(NCNP))
階層的予測情報処理プロセスの失調としての精神障害:神経ロボティクス的アプローチ
17:10〜17:20 休憩
17:20〜18:10 津田 一郎
(中部大学創発学術院)
脳の機能分化の神経機構解明のための変分原理による発展力学系
18:10〜19:00 ポスター
19:00~21:00 情報交換会

11月29日(金)
8:30〜9:00 ポスター
9:00〜9:50 塚田 啓道
(沖縄科学技術大学院大学 神経計算ユニット)
MRIデータ駆動型マーモセット全脳モデルと局所神経回路記憶モデル
9:50〜10:00 休憩
10:00〜10:50 栗川 知己
(関西医科大学 医学部)
自発的神経活動の機能的意義
10:50〜11:00 休憩
11:00〜11:50 末谷 大道
(大分大学 理工学部)
Multiple Pattern Generations and Chaotic Itinerant Dynamics in Reservoir Computing
11:50〜12:00 閉会のあいさつ

参加登録フォーム

締め切りました。