2017年度事業

1.共同研究者派遣

所属・職・氏名 研究分野・研究課題名/派遣先 期 間
神戸大学・大学院医学研究科
特命助教
篠原 亮太
[4}疾病の神経生物学
即効性抗うつ薬の効果発現の分子・神経回路メカニズム
H29.9.1-H29.3.15
(7ヶ月)
Department of Psychiatry Yale University School of Medicine

2.グループ共同研究

日本側代表者 研究分野・研究課題名/米国側代表者 研究期間
東北大学大学院農学研究科
教授  西森 克彦
[4}疾病の神経生物学
社会性の強い平原ハタネズミの遺伝子修飾による新規ASDモデル動物作成と解析
H27.4.1-H30.3.31
(3年間)
Center for Translational Social Neuroscience,
Dept. of Psychiatry and Behavioral Sci., Yerkes National Primate Res. Cent., Emory University
(エモリー大学)
William P. Timmie Professor, Director
Larry J. Young
玉川大学脳科学研究所
教授  坂上 雅道
[3]行動・システム・認知
前頭前野内の機能的結合が高次意思決定に果たす役割の研究
H27.4.1-H30.3.31
(3年間)
Rochester University
(ロチェスター大学)
Professor
Suzanne F Haber
大阪大学生命機能研究科
教授  八木 健
[4]疾病の神経生物学
精神神経疾患に関わるエピジェネティク制御による回路形成機構
H28.4.1-H31.3.31
(3年間)
Icahn School of Medicine at Mount Sinai
(マウントサイナイ医科大学)
Professor
Schahram Akbarian
福岡大学医学部小児科
教授  廣瀬 伸一
[4]疾病の神経生物学
KCNQ2遺伝子変異による新生児期発症てんかんの日米共同病態解明研究
H28.4.1-H31.3.31
(3年間)
Department of Neurology, Neuroscience, and Mlolecular & Human Genetics, Baylor College of Medicine
(ベイラー医科大学)
Associate Professor
Edward C. Cooper
理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター
ユニットリーダー  林 拓也
[2]発達・可塑性・修復
非侵襲神経画像法を用いた非ヒト霊長類可塑脳の解明
H28.4.1-H30.3.31
(2年間)
Deoartment of Anatomy and Neurobiology, Washington University School of Medicine
(ワシントン大学)
Professor
David Van Essen
新潟大学脳研究所脳神経外科
教授
藤井 幸彦
[1]細胞・分子
髄芽腫におけるGli3の役割と新規治療展開
H29.4.1-H32.3.31
(3年間)
Departments of Pathology, Oncology, and Ophthalmology, Johns Hopkins University School of Medicine
(ジョンホプキンス大学)
Professor Charles G. Eberhart
福井大学・子どものこころの発達研究センター
教授
友田 明美
[2]発達・可塑性・修復,[4]疾病の神経生物学
児童青年期におけるヒト脳発達に及ぼす影響に関する研究
H29.4.1-H32.3.31
(3年間)
University of California, San Diego
(カリフォルニア大学)
Professor Jay Giedd
自然科学研究機構生理学研究所
准教授
福永 雅喜
[3]行動・システム・認知
超高磁場MRIによる意図共有に関わる神経機構の解明
H29.4.1-H32.3.31
(3年間)
University of Minnesota, Department of Radiology
(ミネソタ大学)
Professor Essa Yacoub

3. 情報交換セミナー

 

日本側代表者 研究分野・研究課題名/米国側代表者 研究期間
  実施無し  
 

 

このページのトップへ