English Page 更新日 2017年  11月 17日 Counter
since 16.July.2002

生理学研究所 基盤神経科学研究領域 神経シグナル研究部門のホームページへようこそ

神経シグナル研究部門では、神経細胞間および局所神経回路を形成する細胞集団における情報処理のメカニズムを,主に電気生理学的な立場から解析しています。また,分子の異常と個体の異常を結びつけるひとつの手段として,自然発症の遺伝子変異もしくは遺伝子改変モデル動物などを用い,複雑な生体システムにおける分子の機能などを明らかにしてきました。実験手法としては脳のスライスおよびin vivoパッチクランプ法を用いて,神経回路の機能を系統的に検討しています。またカルシウム・カルモデュリン依存性キナーゼIIの遺伝子改変マウスの機能解析を行っています。その他に,分子・細胞レベルからの神経回路理解に向けて,コンピュータを組み込んだ実験(ダイナミッククランプ法)や計算論的なアプローチなども導入しています。
  



お知らせ

   研究内容

  メンバー          

  研究リソース

  論文リスト

  研究環境

       

  写真集

 お問い合わせ

募集

募集

案内

体験入学生

セミナ、蜂の巣


2017.10.21 生理学研究所一般公開がありました。   
2017.5.9  生理研トレーニングコースの募集がはじまりました。 →終了しました。 トレーニングコース 
2017.3.1 古江先生が兵庫医科大学 神経生理 教授として栄転されました。それに伴い古江グループのメンバーが兵庫医大に異動しました。  メンバー

【過去のお知らせ

           

生理学研究所HPへ