生理学研究所
心循環シグナル研究部門
  Division of Cardiocirculatory Signaling, NIPS
 

 

心循環シグナル研究部門では、心臓に隠された謎(情報)を読み解くための基礎研究を、ラットやマウスなどの動物や動物細胞を用いて行っています。
心臓の頑健性(心筋細胞が生まれてから死ぬまで増殖することなく動き続けるという特徴的な性質)を制御するメカニズムを、分子・細胞レベルから細胞・個体レベルまで幅広い階層で研究することで、健康寿命の延伸に貢献しうる革新的な医療基盤技術の開発も目指します。

具体的には、以下の2つに興味を持って研究を進めています。

1.心臓の収縮力(Contractility)を制御する膜タンパク質:心臓の大きさや硬さ、あるいは心筋の交感神経活動応答(陽性変力作用)は心臓の運動機能を規定する因子です。私たちは、細胞膜上に存在する脂質作動性カチオンチャネル「transient receptor potential canonical (TRPC) 3 」が心筋のContractilityを制御する標的分子であることを特定し、そのメカニズムにTRPC3と活性酸素生成酵素(NADPH oxidase)タンパク質との相互作用(Protein-Protein Interaction: PPI)が在ることを見出しています。

2.心筋の頑健性を高めるレドックス制御機構:細胞の膜電位形成や化学反応はすべて電子の授受(酸化還元:レドックス)によって行われている。我々はシステインパースルフィド(Cys-SSH)をはじめとするレドックス活性の高い過イオウ化分子(活性イオウ分子)がミトコンドリアの品質管理やエネルギー代謝を制御することを明らかにしてきました。最近、特定の活性イオウ分子を制御することで心筋細胞のストレス抵抗性や拍動能を増強できることを見出し、その機構解析に取り組んでいます。

生理学研究所
生命創成探究センター
九州大学大学院 薬学部


自然科学研究機構

 生命創成探究センター
  創成研究領域
心循環ダイナミズム創発研究グループ

 
生理学研究所
  生体機能調節研究領域
  心循環シグナル研究部門

〒444-8787
愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
山手3号館2F東

Tel & Fax: 0564-59-5560

西田 基宏
nishida@nips.ac.jp
当部門は、九州大学大学院薬学研究院と強固に連携し、上記の知見から見出されてきた「心筋頑健性の低下を抑制する創薬」や「心筋頑健性を高める創薬」といった応用研究にも取り組んでいます。
特に、国が安全性を保証する既承認薬の適応拡大(エコファーマ)や、その化合物を基にした新薬開発(グリーンファルマ)研究を推進することで、アカデミア創薬の推進に力を入れています。


大学院生、ポスドク募集

西田研では、博士研究員(ポスドク)および博士課程・修士課程の大学院生を募集しております。バックグラウンドは問いません。興味有る方は連絡をお待ちしております。
 
  NEWS & INFORMATION
2021.11.18-19
生理研研究会「比較統合生理学的観点からの循環生理の解析」を開催します。
提案代表者:山田 充彦 先生(信州大学・医学部)
詳細HPはこちら


2021.9
当部門総研大生の下田 翔さんが、日本薬学会 生物系薬学部会
「第20回 次世代を担う若手のためのファーマ・バイオフォーラム」にて最優秀発表賞を受賞しました。
詳細はこちら


2021.7.30-31
生理研研究会「生命を支える硫黄生物学の最前線」を開催しました。
提案代表者:魏 范研 先生(東北大学加齢医学研究所)
詳細はこちら


2021.3
当部門の研究成果が新聞に掲載されました。
3月26日付 日経産業新聞 朝刊6面 「抗うつ薬 コロナ感染抑制効果」
3月24日付 東海愛知新聞 朝刊1面 「抗うつ薬に効果 新型コロナの細胞侵入と増殖防ぐ」
研究内容の詳細についての生理研ページは、こちら

2020.10.7
第20回日本NO学会にて、当部門の田中智弘助教がYIA最優秀賞を受賞しました。
タイトルは「プラズマ照射による新規レドックスシグナル形成とその生理学的意義の解明


2020.8.29
第19回次世代を担う若手のためのファーマ・バイオフォーラム2020 にて、当部門の総研大生、下田翔さんが優秀発表賞を受賞しました。
タイトルは、「プリン作動性 P2Y6R 発現量変化は圧負荷誘導性心不全を悪化させる


2020.8.1
西村明幸特任准教授が着任しました。


2020.1.22
部門公開セミナーを開催しました。
2020年1月22日 午後6時~
Speaker: 西村明幸 先生(九州大学大学院薬学研究院創薬育薬研究施設統括室)
Title:活性イオウによる心筋ミトコンドリア品質制御と心臓恒常性維持・変容機構の解明
要旨はこちら


2019.12.4
部門公開セミナーを開催しました。
2019年12月4日 午後1時~2時30分
Speaker: Ken Suzuki, Professor(Translational Cardiovascular Therapeutics, William Harvey Research Institute, Barts and The London School of Medicine and Dentistry, Queen Mary University of London, UK)
Title:多様なるマクロファージ;新たな治療法の開発に向けて
要旨はこちら



2019.12.4~7
第50回生理研国際シンポジウムを開催しました。
MIRACLES In Cardiovascular Physiology
~ Metabolism, Interactions, Regulation, Application, Chemical Biology, Longevity, Exercise and Signaling ~
詳細はこちら。写真はこちら。


2019.9.12
部門公開セミナーを開催しました。
2019年9月12日 午後4時~5時30分
Speaker:Professor Philip Eaton(William Harvey Research Institute, Queen Mary University of London)
Title:Redox sensing and signalling in the cardiovascular system
要旨はこちら。


2019.7.29-8.2
第30回 生理科学実験技術トレーニングコース が実施されました。
当部門で、一名が実習されました。写真はこちら。


2019.7
論文を2本、発表しました。
Title: TRPC3-Nox2 axis mediates nutritional deficiency-induced cardiomyocyte atrophy.
研究内容の詳細について、 SCENTIFIC REPORTS のページは、こちら。生理研HPはこちら

Title: Ibudilast attenuates doxorubicin-induced cytotoxicity by suppressing formation of TRPC3-Nox2 protein complex.
研究内容の詳細についてPub Med のページは、こちら


2019.6
論文を2本、発表しました。
Title:Depolysulfidation of Drp1 induced by low-dose methylmercury exposure increases cardiac vulnerability to hemodynamic overload
研究内容の詳細について、Science Signaling のページはこちら。生理研HPはこちら

Title:TRPC6 regulates phenotypic switching of vascular smooth muscle cells through plasma membrane potential-dependent coupling with PTEN.
研究内容の詳細についてPub Med のページは、こちら。生理研HPはこちら


2019.3.29
第96回日本生理学会大会にて、冨田助教が入澤宏・彩記念若手研究奨励賞を受賞しました。
写真はこちら



 2019年の記事はこちら
 2018年の記事はこちら
 2017年の記事はこちら
 2016年の記事はこちら
 2015年の記事はこちら
 2014年の記事はこちら
 
 
 Copyright(C) 2020 NIPS All Right Reserved.