本文へスキップ

研究内容RESEARCH

1)痛み刺激受容の分子機構の解明に関する研究

感覚神経に特異的に発現して侵害刺激受容に関わるイオンチャネル型受容体が近年明らかにされつつあります。 その中心的な分子群がTRP チャネルです。カプサイシン受容体TRPV1 (VR1)、TRPV2, TRPA1 (ANKTM1)等が含まれます。 TRPV1は、カプサイシン、プロトン、熱(43度以上)という複数の侵害刺激によって活性化し、 陽イオン流入から細胞興奮をもたらします。TRPV1が多刺激痛み受容体として機能することは、 遺伝子欠損マウスの行動解析からも明らかになっています。 また、TRPV1は炎症関連メディエイターの代謝型受容体と機能連関してPKCによってリン酸化されて機能増強し、 活性化温度閾値が体温以下に低下することによって体温で活性化して痛みを惹起しうることが分かっています。 これは、炎症性疼痛発生の新しい分子機構として注目を浴びています。このように分子生物学的手法、 電気生理学手法を駆使して感覚神経終末における侵害刺激受容の分子機構を明らかにしていこうとしています。 この研究では、遺伝子欠損マウスの行動薬理学的解析も行っています。

カプサイシン受容体TRPV1

2)温度受容の分子機構の解明に関する研究

 私達は様々な温度を感じて生きていますが、どうような機構で温度受容がなされているかは殆どわかっていませんでした。 カプサイシン受容体TRPV1は初めて分子実体が明らかになった温度受容体であり、 現在までにTRPイオンチャネルスーパーファミリーに属する9つの温度受容体(TRPV1,TRPV2,TRPV3,TRPV4,TRPM2,TRPM4,TRPM5,TRPM8,TRPA1)が知られています。 TRPV1, TRPV2は熱刺激受容を、TRPV3, TRPV4は温刺激受容を、TRPM8,TRPA1は冷刺激受容に関わります。 また、TRPV3,TRPV4は感覚神経のみならず皮膚の角質細胞にも発現しており、 皮膚表皮細胞で温度が感じられることが示唆されます。さらに、低浸透圧でも活性化されるTRPV4は視床下部にも 発現がみとめられ、浸透圧調節・体温調節にも関与する可能性があります。 これら温度受容体の異所性発現系を用いた解析、変異体等を用いた構造機能解析、感覚神経細胞を用いた電気生理学的な 機能解析、組織での発現解析、遺伝子欠損マウスを用いた行動解析を通して温度受容機構の全容解明を目指しています。 新規温度受容体の探索も進めています。

温度計

バナースペース

岡崎統合バイオサイエンスセンター 細胞生理研究部門

〒444-8787
愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
アクセスはこちら