細胞生理

ようこそ岡崎統合バイオサイエンスセンター 細胞生理研究部門のHPへ

TOPICS

  • 岡崎統合バイオサイエンスセンター 細胞生理研究部門は2004年5月に発足しました。

NEWS新着情報

2017年12月14日-15日
生理研研究会「痛み研究会
2017年10月1日
メンバーに異動がありました。
2017年9月11日
「 」
Kittaka H. et al. Pflugers Arch. 269(10): 1313-1323, 2017 Oct.
2017年9月4日
科研費新学術領域研究「温度を基軸とした生命現象の統合的理解(温度生物学)」
2017年 公開国際シンポジウム を京都で開催いたしました。
2017年9月1日
海外体験入学の学生さんを受け入れました。
2017年8月23-24日
生理研研究会「温熱生理研究会
2017年8月15日
国際共同研究で滞在されます。
Dr.Selescu Tudor(Romania)    ~9月末
2017年7月31日
国際共同研究で滞在されます。
Ms.Inga Tuminaite(Sweden)    ~9月初旬
2017年7月29日
朝日新聞「ののちゃんのDo科学」に掲載されました。
2017年7月3-4日
生理研研究会「第1回 感覚免疫学研究会」 
2017年7月3日
国際共同研究で滞在されます。
Prof.Mustafa Naziroglu(Turkey)  ~9月末
Dr.Boudaka Ammar(Oman)    ~8月中旬
2017年6月16日
(株)マンダム との共同研究の論文がAcceptされました。
J Physiol Sci. 2017 Jun 16. doi: 10.1007/s12576-017-0545-9.
2017年6月 
世界中の大学、研究機関、国と地域の研究資金補助組織、政策、政府、民間、公共セクターのすべての主要な関係者に読まれる英国の雑誌「IMPACT」で細胞生理研究部門の温度感受性TRPチャネルに関する研究内容が紹介されました。また、富永が領域代表をつとめる新学術領域研究「温度生物学」の内容も併せて紹介されました。
Impact, Volume 2017, Number 4, May 2017, pp. 50-54(5)
2017年5月25日
海外体験入学の学生さんを受け入れました。
2017年5月19日
「ヒトデ幼生の温度走性に関与するセンサー分子を特定」
Saito S. et al. Sci Rep. 7(1):2173. 2017 May.
2017年4月15日
「胆汁うっ滞のかゆみ物質の作用機序の解明 」
Kittaka H. et al. J. Physiol. 595(8):2681-2698, 2017 Apr.
2017年4月15日
「TRPA1チャネルの熱感受性と細胞外カルシウム」
Erkin K. et al. J. Physiol. 595(8):2451-2463,2017 Apr.
2017年4月1日
メンバーに異動がありました。

バナースペース

岡崎統合バイオサイエンスセンター
 バイオセンシング研究領域
 細胞生理研究部門

〒444-8787
愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
アクセスはこちら