平成27年度~31年度 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型) 温度を基軸とした生命現象の統合的理解(温度生物学)

English

研究成果/学術論文(邦文)

2017

  • 中川貴之:「8章 痛み・しびれ領域におけるモデル動物の作成法と最新メカニズム・創薬応用 第3節 しびれにおける動物モデルの作製手法」動物/疾患モデルの作成技術・病態解析・評価手法(技術情報協会)、345-352, 2017
  • 中川貴之:「8章 痛み・しびれ領域におけるモデル動物の作成法と最新メカニズム・創薬応用 第7節 しびれにおける最新メカニズムと創薬への応用」動物/疾患モデルの作成技術・病態解析・評価手法(技術情報協会)、375-382 , 2017
  • 中川貴之:TOPICS「TRPA1の冷感受性獲得機構 ~冷たさを痛いと感じるメカニズム~」医学のあゆみ(医歯薬出版) 262: 307-308, 2017.
  • 中村和弘、中村佳子:「飢餓反応の中枢神経回路メカニズム.」 肥満研究 23:161–168, 2017.
  • 中村和弘:「心理ストレスによる自律生理反応を駆動する中枢神経回路機構. 」 “ブレインサイエンス・レビュー2017” 廣川信隆 編 (クバプロ) pp135-149, 2017.<書籍>
  • 大倉正道:「遺伝子コード型Ca2+プローブ(GECI)」 脳内環境辞典 ((株)メディカルドゥ) pp30-31, 2017. <書籍>
  • 富永真琴:「温度感受性TRPチャネル」 脳内環境辞典 ((株)メディカルドゥ) pp36-37, 2017. <書籍>
  • 富永真琴:温度感覚 CLINICAL NEUROSCIENCE 35:150-154, 2017.

2016

  • 大倉正道,中井淳一:高性能な赤色蛍光Ca2+プローブタンパク質. 化学工業 67:13-20, 2016.
  • 西山賢一:タンパク質膜挿入・膜透過に関与する多機能性糖脂質MPIase. 生化学 88:744-747, 2016.(査読有
  • 山田哲也、片桐秀樹:「糖・エネルギー代謝における臓器間ネットワーク」 糖尿病 最新の治療 2016-2018. 羽田勝計、門脇 孝、荒木栄一 編 (南江堂) pp1-6, 2016.<書籍>
  • 山田哲也:エネルギー代謝調節における臓器間神経ネットワークの役割. 日本薬理学雑誌 148(1):28-33, 2016.
  • 山田哲也:臓器間神経ネットワークによる体重調節機構の解明に基づく新規肥満治療薬の開発. 東北医学雑誌 128(1):83-84, 2016.
  • 中村和弘:「体温の中枢制御機構」 “Annual Review 2016 糖尿病・代謝・内分泌” 寺内康夫、伊藤 裕、石橋 俊 編 (中外医学社) pp80-86, 2016.<書籍>
  • 中村和弘:体温・代謝調節システムの研究から「温度生物学」への展開. 生物物理 56(3):149-153, 2016. (査読有
  • 中村和弘:体温を調節する中枢神経回路メカニズム. 日本神経精神薬理学雑誌 36(4):93-99, 2016.
  • 長尾耕治郎・塩見晃史・梅田眞郷:ショウジョウバエのリン脂質輸送タンパク質-ユニークな形質膜のリン脂質の組成と分布. 生体の化学67(3):247-251, 2016.
  • 土谷正樹・原雄二・梅田眞郷:生体膜におけるリン脂質ダイナミクスとその生物機能. 膜 41(5):196-201, 2016.
  • 下川 直史、高木 昌宏:2次元・3次元 膜ダイナミクスと細胞信号伝達. 膜(MEMBRANE) 41:233-239, 2016.
  • 下川直史, 高木昌宏:生物、物理、数学の境界領域としての膜研究. 生物工学会誌, 94:746-749, 2016.
  • 富永真琴:温度感受性TRPチャネルと亜鉛による制御 亜鉛栄養治療 7:14-19, 2016.
  • 富永真琴:辛み感覚とTRPチャネル/anoctamin 1の機能連関 日本味と匂学会雑誌23(2):111-117, 2016.
  • 富永真琴:わさびで「つーん」とするのはなぜですか? Clinical Neuroscience 34:483, 2016.
  • 富永真琴:温度感受性TRPチャネルと脳機能 日本神経精神薬理学雑誌 36:37-41, 2016.

2015

  • 山田哲也、片桐秀樹:「糖・エネルギー代謝調節における神経ネットワーク」 糖尿病学. 門脇孝、荒木栄一、稲垣暢也、植木浩二郎、羽田勝計、綿田裕孝 編(西村書店) pp124-132, 2015. <書籍>
  • 太田茜、園田悟、久原 篤:「遺伝子の突然変異のDNAを見てみよう PCR法と制限酵素による突然変異部位の可視化」 研究者が教える動物実験 第3巻 行動 (共立出版) 222:40-43, 2015. <書籍>
  • 久原篤、太田茜: 「好きな温度に向かう行動を調べよう センチュウの温度走性テスト:温度応答行動の測定」 研究者が教える動物実験 第3巻 行動 (共立出版) 222:36-39, 2015. <書籍>
  • 太田茜、園田悟、久原 篤:「好きなにおいに向かっていく行動を見てみよう センチュウの走化性テスト:嗅覚応答行動の測定」 研究者が教える動物実験 第3巻 行動 (共立出版) 222:32-35, 2015. <書籍>
  • 久原 篤、太田茜:研究者が教える動物実験 第2巻 神経・筋(共立出版) 221:20-23, 2015. <書籍>
  • 太田茜、園田悟、久原 篤:研究者が教える動物実験 第1巻 感覚(共立出版) 199:p42-45, 2015. <書籍>
  • *中村和弘:心理ストレスと体温上昇. Brain and Nerve 67(10):1205-1214, 2015.
  • 中村和弘:「予期」してコントロールする脳の体温調節メカニズム. ヘルシスト 234:8-9, 2015.
  • 富永真琴:温度感受性TRPチャネルと疾患 ファルマシア 51:1047-1052, 2015.
  • 富永真琴:TRPチャネル (TRPV1, TRPA1) と侵害刺激受容. Journal of Neuroscience for Pain Research 18:1-5, 2015.
  • 富永真琴:TRPチャネルのレドックス制御. 別冊・医学のあゆみ「レドックスUPDATE ストレス制御の臨床医学・健康科学」 80-84, 2015.

ページトップ