本文へスキップ

業績Publication


2006

2005

2004以前(三重大学、筑波大学時代)

英文著書、英文総説

  • Makoto Tominaga: The Role of TRP Channels in Thermosensation In “TRP Ion Channel Function in Sensory Transduction and Cellular Signaling Cascades” Edited by Liedtke WB and Heller S, CRC press, Boca Raton, p.271-286, 2006.
  • Makoto Tominaga: Gating, sensitization and Desensitization of TRPV1 In "The Nociceptive Membrane" Edited by Oh U, Elsevier Inc., San Diego, p.181-197, 2006.
  • Makoto Tominaga: Structural determinants of TRPV1 channel functionality In "Turning up the Heat on Pain: Vanilloid Receptors in Pain and Inflammation" edited by Blumberg A, Birkhauser Verlag, Basel, p.25-37, 2005.
  • Makoto Tominaga, Mitsuko Numazaki, Tohko Iida, Tomoko Moriyama, Takeshi Sugiura, Kazuya Togashi, Tomohiro Higashi, Namie Murayama, Tomoko Tominaga and Kazue Mizumura: Molecular Mechanisms of TRPV1-mediated Thermal Hypersensitivity.; In “Hyperalgesia: Molecular mechanisms and Clinical Implications, Progress in Pain Researxh and management” vol. 30, edited by K. Brune and H. O. Hnadwerker, IASP Press, Seattle p.37-47, 2004.
  • Makoto Tominaga, Mitsuko Numazaki, Tohko Iida, Tomoko Moriyama, Takeshi Sugiura, Kazuya Togashi, Tomohiro Higashi, Namie Murayama and Tomoko Tominaga: Regulation Mechanisms of Vanilloid Receptors. Novartis Foundation Symposia Proceeding, “Pathological Pain: From Molecular to Clinical Aspects "John Wiliey & Sons Ltd. p.4-12, 2004.
  • Tominaga M and Julius D: The cloned capsaicin receptor is a heat- and proton-activated ion channel. In “Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels”, edited by Y. Suketa et al. Amsterdam: Elsevier Science ;p.119-122, 2002.
  • Tominaga M: Molecular mechanisms of trigeminal nociception and sensation of pungency. Chemical Senses (Jan) 30: i191-i192, 2005.
  • Tominaga M, Tominaga T: Structure and function of TRPV1. Pfluger Arch - Eur. J. Physiol. 451:143-150, 2005.
  • Tominaga M, Caterina MJ: Thermosensation and pain.; J. Neurobiol. 61:3-12, 2004.
  • Numazaki M, Tominaga M: Nociception and TRP channels. Current Drug Target CNS & NeurologicalDisorders. 3 (6):479-485, 2004, Dec.

和文著書、和文総説

  • 富永真琴:TRPチャネル 痛み研究のアプローチ 河谷正仁(編) 真興交易(株)p. 146-152, 2006.
  • 富永真琴:培養細胞でのcDNA導入によるチャネル・受容体機能の検討法 痛み研究のアプローチ 河谷正仁(編) 真興交易(株)p. 97-102, 2006.
  • 富永真琴:痒みに関わる分子に迫る 科学(岩波書店) 12: 1234-1235, 2006.
  • 富永真琴:温度を感じるしくみ 総研大ジャーナル 10月号: 40-45, 2006.
  • 富永真琴:痛みと温度受容の分子・細胞メカニズム 実験医学 24 (15増刊) : 54-59, 2006.
  • 富永真琴:消化管におけるTRPV1の発現と機能 日本薬理学雑誌くすりとからだ 128 (2): 78-81, 2006.
  • 富永真琴:TRPチャネルと痛み 日本薬理学雑誌くすりとからだ 127 (3): 128-132, 2006.
  • 富永真琴:カプサイシン受容体 別冊・医学のあゆみ イオンチャネル最前線update 倉智嘉久(編)医歯薬出版(株)p. 150-156, 2005.
  • 富永真琴:TRPチャネルと痛み ペインクリニック  26 (2): 201-208, 2005.
  • 富永真琴:痛みの受容メカニズム ファルマシア 41 (3): 209-213, 2005.
  • 富永真琴:カプサイシン受容体 治療学 39 (8): 815-819, 2005.
  • 富永真琴:温度受容のメカニズム 醫事新報 4241: 26-3, 2005.
  • 富永真琴:知覚神経・TRPV1の構造と機能を探る G.I. Research 13 (3): 339-345, 2005.
  • 富永知子 : 細胞骨格制御における mDia の役割 生化学会誌 77(2):p133-136, 2005.
  • 富永真琴:炎症性疼痛の分子メカニズム-カプサイシン受容体の発現と機能制御- ペインクリニック 25:150-157, 2004.
  • 富永知子 : Rho- mDia- Src 系 特集 “生命科学のNew Key Word” 生体の科学 55(5):430-431, 2004.
  • 冨樫和也、富永真琴:温度受容の分子機構 CLINICAL NEUROSCIENCE 22:344, 2004.
  • 森山朋子、富永真琴:カプサイシン受容体とTRPチャネル Molecular Medicine 41: 642-649, 2004.
  • 富永真琴:カプサイシン受容体ファミリー(TRPVファミリー) 皮膚アレルギーフロンティア 2(2): 48-49, 2004.
  • 富永真琴:温度受容の分子機構-TRPチャネル温度センサー- 日本薬理学雑誌  124: 219-227, 2004.
  • 富永真琴:急性炎症性疼痛の分子メカニズム 痛みの基礎と臨床 緒方宣邦・柿木隆介(編)真興交易(株)p.18-28, 2003.
  • 富永真琴:TRPチャネルと痛み 脳21 6: 11-15, 2003.
  • 富永真琴、沼崎満子、飯田陶子、富永知子:痛み受容の分子メカニズム 日本神経精神薬理学雑誌 23:139-147, 2003.
  • 沼崎満子、富永真琴:痛み受容・温度受容の分子機構:カプサイシン受容体とそのホモログの構造・発現と機能 生化学 75:359-371, 2003.
  • 富永真琴:生体はいかに温度をセンスするか-TRPチャネル温度受容体- 生理学雑誌 65:130-137, 2003.
  • 富永真琴:物理刺激応答の分子機構-温度受容を中心として- アレルギーの臨床 23:592-595, 2003.
  • 富永真琴:炎症性疼痛とカプサイシン受容体 リウマチ科 30: 556-563, 2003.
  • 富永真琴: Regulation Mechanism of Capsaicin Receptor VR1 脳機能の解明 生命科学の主潮流; 赤池紀扶、東英穂、阿部康二、久保千春(編)ガイア出版会 p. 533-539, 2002.
  • 富永真琴:痛覚(カプサイシン受容体) 脳神経科学入門講座 下巻 渡辺雅彦(編)羊土社 p.104-116, 2002.
  • 富永知子:ダイナミックなアクチン繊維の再編を制御するシグナル分子 mDia Springer Reviews シリーズ “ダイナミックな細胞骨格再編細胞運動はどのようにして起こるのか  - その制御のシグナル-” (竹縄忠臣編) Springer-Verlag Tokyo, Inc.  2002.
  • 富永真琴:Vanilloid受容体 医学のあゆみ 200: 1068, 2002.
  • 沼崎満子、富永真琴:カプサイシン受容体 医学のあゆみ 201: 1071-1075, 2002.
  • 富永真琴:ホットなトウガラシとクールなミント 現代化学 376: 42-46, 2002.
  • 飯田陶子、富永真琴:カプサイシン受容体 CLINICAL NEUROSCIENCE 20: 1111-1114, 2002.
  • 飯田陶子、富永真琴:痛み・温度を感じる 細胞工学 21: 1420-1424, 2002.
  • 富永真琴:辛味成分カプサイシンと痛み 食の科学 No. 279: 34-38、2001.
  • 富永真琴:痛み受容体研究の進歩 脳の科学 23: 829-835, 2001.
  • 富永真琴:カプサイシン受容体およびそのホモログの構造・機能と制御機構 神経ペプタイド最新の話題(第5回 神経伝達物質研究会記録集)Excepta Media p. 10-17, 2001
  • 富永真琴:痛覚 アエラムック「人間科学がわかる」 No. 73: 26-29, 2001.
  • 富永真琴:痛み刺激受容の分子機構 カプサイシンvanilloid receptorと疼痛制御 日本ペインクリニック学会誌 9: 57-61, 2001.
  • 富永真琴:痛み発生に関わる新しい分子「カプサイシン受容体」 オピオイド治療 課題と新潮流 鎮痛薬・オピオイドペプチド研究会(編)エルゼビア・サイエンスミクス p. 233-239, 2000.

バナースペース

岡崎統合バイオサイエンスセンター 細胞生理研究部門

〒444-8787
愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
アクセスはこちら