細胞生理

ようこそ“生命創成探究センター 温度生物学G”のHPへ

TOPICS

  • 岡崎統合バイオサイエンスセンター 細胞生理研究部門は2004年5月に発足し、
    2018年4月に“生命創成探究センター 温度生物学研究グループ”に改組されました。

NEWS新着情報

2018年12月13日-14日
生体サバイバル戦略としての痛みの機構と意義
2018年10月
メンバーに異動がありました。
2018年9月
体験入学の学生さんを受け入れました。
2018年8月31日
大阪大学との共同研究の論文がPublishされました。
Maruyama et al., iScience. 2018 Aug 31;6:306-318. doi: 10.1016/j.isci.2018.08.007.
2018年8月23日-24日
「温熱生理研究会2018」
2018年8月1日
富永教授が大会長を務めます、第96回日本生理学会大会の参加登録が始まりました。
第96回日本生理学会大会
FAOPS2019

生理研/温度生物学/FAOPS2019トレーニングコース」10/30受付締切
2018年7月
海外体験入学の学生さんを受け入れました。
2018年7月
実習生として中国からの学生さんを受け入れました。
2018年7月
外国人研究職員としてDr.Boudaka が3か月間滞在されます。
2018年6月11日
母親からお腹の赤ちゃんへカルシウムを届けるしくみが明らかに!
~赤ちゃんの副甲状腺機能亢進症の原因と発症メカニズムの解明~
Suzuki Y. et al. Am J Hum Genet. 2018 Jun 7;102(6):1104-1114.
2018年6月7日-8日
第2回感覚免疫学研究会
2018年5月24日
京都大学との共同研究の論文がPublishされました。
Tsuchiya M. et al. Nat Commun. 2018 May 24;9(1):2049.
2018年5月
鳥取大学との共同研究の論文がPublishされました。
Majikina A. et al. Biochem Pharmacol. 2018 May;151:89-95.
2018年5月
鳥取大学との共同研究の論文がPublishされました。
Nishizawa Y. et al. J Neurosci Res. 2018 May;96(5):901-910.
2018年4月30日
東北大学との共同研究の論文がacceptされました。
Akashi HD. et al. Mol Ecol. 2018 Mar 30. doi: 10.1111/mec.14572.
2018年4月30日
Derouiche研究員が4月20-23日にトルコAlanyaで開催された7th World Congress 'Oxidative Stress, Calcium Signaling and TRP Channels’ のposter award 2番で表彰されました。
2018年4月1日
生命創成探究センター 温度生物学研究グループ”に改組されました。
2018年3月16日
メンバーに異動がありました。
2018年2月13日
海外体験入学の学生さん2名を受け入れました。
2018年2月5日
中国Xi'an Jiaotong-Liverpool Univ.との共同研究の論文がpublishされました。
Xang X. et al. eNeuro. 5(1). 2018 Feb. pii: ENEURO.0327-17.2018.
2018年2月2日
宇治澤研究員が第34回井上研究奨励賞を受賞しました。
 「C.elegansの低温耐性における温度情報伝達の分子制御機構」
2018年1月9日
「TRPV4とアノクタミン1の相互作用によって唾液や涙の分泌が促進」
Derouiche S. et al. FASEB J. doi: 10.1096/fj.201700954R.
2017年12月14日-15日
生理研研究会「痛み研究会
2017年10月1日
メンバーに異動がありました。

バナースペース

生命創成探究センター
 温度生物学研究G
(生理学研究所 細胞生理研究部門)

〒444-8787
愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
アクセスはこちら