細胞生理

ようこそ岡崎統合バイオサイエンスセンター 細胞生理研究部門のHPへ

TOPICS

  • 岡崎統合バイオサイエンスセンター 細胞生理研究部門は2004年5月に発足しました。

NEWS新着情報

2016年8月29日(月)
~30日(火)
生理研研究会「温熱生理研究会
演題登録締切り; 7月29日(金)
2016年8月1日(月)
~ 8月5日(金)
生理学研究所 トレーニングコース
今年も「パッチクランプ法」コースを担当します。
2016年7月1日
メンバーの異動がありました。
内田助教が福岡歯科大学へご栄転されました。
2016年6月22日
孫研究員の論文がacceptされました。
Pflugers Arch. 2016 Jun
2016年6月15日
加塩元特任助教(現;京都府立医大)と西交利物浦大学(中国) との共同研究の論文がPublishされました。
Open Biol. 2016 Jun;6(6). pii: 160042.
2016年5月25日
小泉先生(京都大学)との共同研究の論文がpublishtされました。
PLOS ONE 11(5): e0154827. 2016,May
2016年5月18日
宮田先生(京都工芸繊維大学)との共同研究の論文がpublishtされました。
Sci Rep. 2016 May 18;6:26088
2016年4月1日
メンバーに異動がありました。
2016年3月28日
「異なる温度環境に適応したツメガエルにおいて、温度感覚の種間差を生み出した分子メ カニズムを解明しました」
JBC. 2016 inpress jbc.M115.702498.
2016年3月22日
「胎盤における母子間Ca2+輸送へのTRPM6の関与を明らかにしました」
J Physiol Sci 2016 DOI: 10.1007/s12576-016-0449-0
2016年3月
高石研究員(マンダム)との共同研究の論文がpublishtされました。
J Physiol Sci. 2016 Mar;66(2):143-55.
2016年2月19日
褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見しました。
Sun W. et al. EMBO Reports. 2016 Mar;17(3):383-99.
2016年1月6日
温度感受性チャネル(TRPM3チャネル)の新たな機能特性を解明しました。
本研究は、イリノイ大学医学部ペオリア校 Dr. Eleonora Zakharian(エレオノラ・ザッカリアン)との国際共同研究による成果です。
Uchida K. et al.FASEB J. 2016 Mar;30(3):1306-16.
2015年12月18日
井口先生(統合バイオサイエンスセンター/基礎生物学研究所)との共同研究の論文がPublishされました。
Sci Rep. 5:18581, 2015, Dec.
2015年12月17日
河田先生(京都大学)との共同研究の論文がPublishされました。
Sci Rep. 5:18013, 2015, Dec.
2015年12月17日-18日
生理研研究会「痛みの理解を目指した先端的アプローチ」
2015年12月11日
渡邊元特別共同利用研究員(現;旭川医大)の論文がPublishされました。
J Biol Chem. 2015.Dec. 290(50):29882-29892.
2015年11月1日
国際共同研究として、Inga Tuminaite さん(Lund Univ.)が2ヶ月間来訪されます。
2015年10月1日
メンバーに異動がありました。
2015年8月27-28日
生理研研究会「温熱生理研究会」
2015年8月3日-7日
生理学研究所 トレーニングコース
「パッチクランプ法」コースにて6名の受講生を受け入れました。
2015年7月14日
加塩元特任助教(現;京都府立医大)と西交利物浦大学(中国) との共同研究の論文がPublishされました。
Cell Reports 2015. July 14; 12(2):p190-202.
2015年6月16日-19日
IBRO-APRC Advanced Schoolで3名の学生さんを受け入れました。
2015年5月15日
山梨大学との共同研究の論文がPublishされました。
Am J Physiol Renal Physiol. 2015 May 15;308(10):F1128-34.
2015年5月15日-27日
体験入学の学生さんを受け入れました。(NIPS Internship 2015)
2015年5月14日
太田先生(鳥取大学)との共同研究の論文がPublishされました。
Mol Pain. 2015 May 2;11(1):24. doi: 10.1186/s12990-015-0023-4.
2015年5月8日
加塩元特任助教の論文がPublishされました。
J Biol Chem. 2015 May 8;290(19):12435-42.
2015年4月 21日
「一次感覚神経においてTRPV1とアノクタミン1の相互作用によりTRPV1関連痛みが増強されることを明らかにしました」
Takayama Y. et al. 112(16):5213-5218, PNAS 2015.Apr.
2015年4月2日
HPをリニューアルしました。

バナースペース

岡崎統合バイオサイエンスセンター
 バイオセンシング研究領域
 細胞生理研究部門

〒444-8787
愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
アクセスはこちら