文字サイズ :
HOME >  大学院教育 >  博士後期課程・5年一貫制博士課程

大学院教育

Graduate School

博士後期課程・5年一貫制博士課程

生理学研究所では、人体の生命活動の総合的な解明を究極の目標として、興奮・分泌・輸送の分子機構、神経系の発生および可塑性、視覚聴覚等の情報処 理、随意運動の中枢機構、高次脳機能のメカニズムなどをテーマに、分子から細胞、システム、個体に至る広範なレベルを有機的に統合した研究を行っていま す。このような研究は、人体の正常な機能の理解ばかりでなく、様々な疾患の病態の理解や治療法の開発の基礎にもなります。

現在、生理学研究所の20研究部門と統合バイオサイエンスセンターの3領域が、緊密な連携のもとに研究に取り組んでおり、このように生理学の全領域を網 羅している研究所は他にはありません。実際、目覚ましい成果を挙げ、どれも重要なものばかりです。研究費の取得率も高く、COE (Center of Excellence)にも選ばれた生理学研究所は、医学生物学研究に必要な機器・設備は日本で最も完備されています。

また、大学共同研究機関として、他大学との共同研究も盛んに行われており、頻繁にセミナー、研究会なども開催されています。海外との交流も多く、共同研 究等で常に多くの外国人が滞在し、国際シンポジウムも開かれています。一方、同じキャンパス内には、基礎生物学研究所や分子科学研究所もあり、特に統合バ イオサイエンスセンターにおいては、これらの研究所との連携の元、研究が進められています。

生理学研究所のような日本を代表する研究機関が、文系、理系をあわせて全国に存在しています。例えば、ハワイに完成した地上一の大型望遠鏡「すばる」を もつ国立天文台や「しらせ」による南極観測を行っている国立極地研究所などがあります。このような16の大学共同利用機関が参加して、総合研究大学院大学 (総研大、http://www.soken.ac.jp/)を作っています。このうち生理学研究所では、生命科学研究科生理科学専攻を担当しており、次の2つのコースがあります。

5年一貫制博士課程:修士課程+博士課程に相当。大学卒相当で入学
博士後期課程(3年次編入学):博士課程に相当。修士卒相当での入学(医学・歯学・獣医学部卒を含む)

いずれも博士(理学)または博士(学術)の学位取得が可能で、医学部出身者は博士(医学)の学位を取得することができます。

現在59名の大学院生(博士後期45名、5年一貫制14名)が在籍し、研究に励んでいます。このように恵まれた教育・研究環境のもと、未来の生命科学研 究に夢と希望をかける意欲のある大学院生を募集します。興味のある方は、各部門の連絡先にご連絡下さい。

また大学院説明会、体験入学を行いますので、お気軽にご参加下さい。

 

大学院入試情報

博士後期課程及び5年一貫制ともに8月と1月の2回行われます