文字サイズ :
HOME >  大学院教育 >  大学院の概要

大学院教育

Graduate School

大学院の概要

未来の生理学を担う若手研究者の育成は、生理学研究所の大切な使命の一つです

 生理学研究所には、総合研究大学院大学の生命科学研究科・生理科学専攻が置かれ、研究所に所属する全ての教授・准教授・助教が、大学院教育に従事しています。また生理学研究所は大学共soukendaigaikei.jpg同利用研究機関という側面を持つため、日本有数の最先端研究設備が整っています。大学院プログラムでは、研究所が所有するこれらの最先端設備を用いて研究や教育が行われます。

 

 

さまざまな分野から多様な人材が集まり、生命科学に切り込みます

 大学院では医療系のバックグラウンドを持つ学生はもちろんのこと、体育学や心理学、経済学など、さまざまな分野から学生を積極的に受け入れています。それは、生命科学という研究分野が、さまざまな研究者の集まる学際領域であるからに他ありません。生理学の未来を担う学生を幅広く受け入れ、全国・全世界の大学・研究機関へと供給することは、生理学研究所の大切な使命の一つです。

総合研究大学院大学で学ぶ

 生理学研究所で大学院教育を受けるには、総合研究大学院大学へ入学をする必要があります。総合研究大学院大学は、全国の大学研究者の共同研究推進について中心的役割を果たしている大学共同利用研究機関などの18研究機関と連携・協力のもとに、優秀な人材と研究環境を基盤として博士課程の教育研究を行うことを特色とした大学院大学です(1988年設立)。生理学研究専攻の学生は、生理学研究所のある愛知県岡崎市の生理学研究所、明大寺キャンパスか山手キャンパスで大学院生活を送ります。また入学式や学位授与式は、総合研究大学院大学の本部がある神奈川県三浦郡葉山町にある葉山キャンパスで行われます。

soukendai-kousha.jpg

18研究機関
国立民族学博物館、国際日本文化センター、国立歴史民俗博物館、放送大学教育支援センター、国文学研究資料館、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子化学研究所、国立天文台、核融合科学研究所、宇宙科学研究所、高エネルギー加速器研究機構、統計数理研究所、国立極地研究所、国立情報学研究所、国立遺伝学研究所

5年一貫制博士課程制度と博士後期課程制度

 生理学研究所には、5年一貫制博士課程制度と、博士後期課程制度(3年次編入学)の2つのコースがあります。いずれのコースでも、博士(理学)、博士(学術)、博士(脳科学)の学位取得が可能です。医学部医学科、歯学部歯学科、農学部獣医学科、獣医学部獣医学科、修業年限6年の薬学部の卒業者、医科学修士の学位を有する場合は、博士(医学)の学位を取得することができます(ただし4年間の在学期間が必要です)。

soukendai

・5年一貫制博士課程

修士課程と博士課程が合わさったコースです。4年制大学卒業相当で入学することができます。5年間の課程で博士課程を取得することができますが、2年次途中で修士課程を取得して卒業することも可能です。

・博士後期課程(3年次編入学)

博士課程に相当するコースです。修士号取得者、もしくは修士相当(医歯薬獣医学などといった、修業年限6年の大学卒業者を含む)の学力があると認められた場合、入学することができます。

希望する研究室へ入るには

 生理学研究所は、各研究部門で学生を受け入れ、教育を行っています。大学院入学希望者は、受験前に希望研究室の教授または准教授に、受け入れについて相談する必要があります。


研究部門紹介

大学院入試情報

博士後期課程及び5年一貫制ともに8月と1月の2回行われます