文字サイズ :
HOME >  生理研について >  所長あいさつ

生理研について

About NIPS

所長あいさつ

message.png

 

  今年で創設40周年を迎える大学共同利用機関 生理学研究所は,「ヒトのからだ,とりわけ脳の働きを,国内外の大学等の研究者と共同で研究し,若手生理科学研究者の育成を行う研究機関」です。生理学は基礎医学の伝統ある一分野であり,ヒトのからだの働きとその仕組みを研究する学問です。生理学の研究は,ヒトのからだの不思議を解き明かすとともに,私たちが健康な生活を送るための科学的指針や,病気の理解や治療法の開発のための基礎情報を与えてくれます。生理学研究所では,現在の研究対象の中心を脳・神経系に据えています。それは,生物界の中でヒトを最も特徴づけるものは,高度に発達した脳であり,また脳・神経系は全身の臓器や組織の働きと相互関係を結びながら,それらを統御し調節する役割を果しているからです。脳神経科学の研究は,例えば,私たちはどのようにして物を知覚・認識し,記憶し,また言語を用いて思考するのか,というヒトが古代から不思議と感じてきた問に,近い将来解答を与えてくれるでしょう。またわが国が迎えつつある超高齢者社会で生じる様々な問題を軽減するためのヒントを与えてくれるものと期待されます。

  生理学研究所には,3つの主要ミッションがあります。第1のミッションは,分子から細胞,組織,器官,そしてシステム,個体,社会活動にわたる各レベルにおいて先進的な研究を行うと共に,それらを統合して,生体の機能とそのメカニズムを解明することです。生命科学は,近年ますます高度化し,その一方多様化してきています。その中で,生理学研究所は,関連領域の研究者コミュニティの力強いご支援とご支持のもとに,生理学・脳神経科学の分野で常に国際的に高いレベルの研究を展開しています。

  第2のミッションは,大学共同利用機関としてわが国のハブ的研究拠点となり,日本全体の研究レベルの向上に貢献することです。生理学研究所は,国内外の研究者と共同研究を推進するとともに,最先端の研究施設・設備(電子顕微鏡や脳イメージング装置等)を共同利用に供し、遺伝子導入用ウィルスベクターや遺伝子改変マウス・ラットなどの研究リソースの提供も行っています。また研究会,国際シンポジウム等を開催し,国内外の研究連携の促進を図っています。

  第3のミッションは,若手研究者の育成です。生理学研究所は,国立大学法人 総合研究大学院大学(総研大 SOKENDAI)の基盤機関として生命科学研究科生理科学専攻を担当しており,5年一貫制の教育システムにより約40名の大学院生を指導しています。また他大学の大学院生も特別共同利用研究員として受け入れて指導しています。更には,トレーニングコースなどの開催によって,企業の研究者を含む若手研究者の育成に貢献しています。

   生理学研究所は,これらの3つのミッションに加え,学術情報の発信や広報活動にも力をいれています。詳細は、ホームページ(http://www.nips.ac.jp/)をご覧ください。

   所員一同,「人体の機能を総合的に解明することを目標とする」という,創設時の“生理研憲章と称すべきもの”の第1条の実現に向かって研究を推進するとともに、研究者により開かれた利用しやすい共同利用機関となるよう努力する所存ですので、皆様方のご支援・ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

生理学研究所所長 井本 敬二
IMOTO, Keiji

imotosign2.jpg

 

 

 

医学博士。京都大学医学部卒業。国立療養所宇多野病院医師,京都大学医学部助手,講師,助教授,生理学研究所教授,総合研究大学院大学教授(併任)等を歴任し,2013年4月1日から生理学研究所所長,自然科学研究機構副機構長。
専攻:神経科学,神経生理学
 
求人情報

生理学研究所では現在、求人を募集しております。