文字サイズ :
HOME >  共同利用研究 >  超高圧電子顕微鏡 共同利用実験 2004年度

共同利用研究

Joint Researches

超高圧電子顕微鏡 共同利用実験 2004年度

生理学研究所に超高圧電子顕微鏡(H-1250M型)が、1982(昭和57)年3月に導入されている。生理学研究所の超高圧電子顕微鏡は、1、 000kV級の装置で、医学生物学用に特化した装置として我が国唯一であるので、設置当初より全国に課題を公募して共同利用実験を行ってきた。最近は「生 体微細構造の三次元解析」「生物試料の高分解能観察」「生物試料の自然状態における観察」の3つのテーマを設定している。設置以来の生理学研究所の超高圧 電子顕微鏡の平均稼働率は、約80%に達している。全利用日数の約半分を所外からの研究者が使用しており、1、000kV級超高圧電子顕微鏡の医学生物学 領域における日本でのセンター的役割を果たしてきた。20年度も、13課題が採択され、所外66日、所内65日の利用があった。

2004年度採択表

No. 研究課題名 氏  名
1 超高圧電顕トモグラフィーによる感杆型光受容細胞内の光小胞の三次元形態解析 片桐 展子
東京女子医大
2 ギャップ結合連結した網膜及び脳ニューロンの樹状突起の構造 日高 聡
藤田保健衛生大
3 消化管壁内ニューロンの樹状突起の三次元微細構造 長浜 真人
三重大・医
4 神経幹細胞の分化に伴う超微細形態学的変化の研究 野田 亨
藍野大・医療保険学
5 ステロイドホルモン動態と神経細胞の機能-形態変化に関する三次元的構造解析 小澤 一史
京都府立医科大
6 神経系培養細胞における受容体などの3次元的構造解析 遠藤 泰久
京都工芸繊維大
7 嗅球ニューロン樹状突起の三次元構造解析 樋田 一徳
徳島大・医
8 哺乳類 neuroepithelial cell からの非対称分裂による神経細胞生成 小曽戸 陽一
マックスプランク研究所
9 歯状回顆粒細胞樹状突起の三次元再構築 濱 清
生理研
10 3-D Reconstruction of the Crystalline Bodies and the Rabdomere Formation during Development 濱 清
生理研
11 壁細胞の細胞内細管および細管小胞の超高圧電子顕微鏡による三次元的観察 菅井 尚則
福島県立医科大


<<最新の採択表に戻る

申請書
ダウンロード

各種申請書はこちらからダウンロードすることができます。

共同利用研究
関連書類

すでに採択されている方はこちら