文字サイズ :
HOME >  共同利用研究 >  生体磁気計測装置 共同利用実験 2005年度

共同利用研究

Joint Researches

生体磁気計測装置 共同利用実験 2005年度

磁気共鳴装置については「生体内部の非破壊三次元観察」と「生体活動に伴う形態及びエネルギー状態の連続観察(含む脳賦活検査)」というそれぞれ2つの研 究テーマを設定し募集している。現在の装置は2000(平成12)年に導入されたもので、3テスラという高い静磁場により通常の装置(1.5テスラ)に比 較して2倍の感度をもち、特に脳血流計測による脳賦活実験においては圧倒的に有利である。また、特別な仕様を施してサルを用いた脳賦活実験をも遂行できる ようにした点が、他施設にない特色である。さらに、実験計画、画像データ収集ならびに画像統計処理にいたる一連の手法を体系的に整備してあり、単に画像撮 影装置を共同利用するにとどまらない、質の高い研究を共同で遂行できる環境を整えて、研究者コミュニティのニーズに応えようとしている。

平成17年度採択表

No. 研究課題名 氏  名
1 咀嚼が判断・記憶・学習などに与える影響に関する高次脳機能メカニズムの解明 佐藤 亨至
東北大・付属病院
2 脳磁計を用いたヒトの高次脳機能における感覚情報処理の研究 寳珠山 稔
名古屋大・医
3 異言語話者による脳内処理過程における検討実験 大岩 昌子
名古屋外国語大
4 Williams症候群の認知機能 中村 みほ
愛知県心身障害者コロニー
5 前頭葉シータ波活動と脳高次機能 佐々木 和夫
生理研
6 脳磁図を用いた声認知に関連するヒト脳機能の研究 軍司 敦子
国立精神・神経センター


<<最新の採択表に戻る

申請書
ダウンロード

各種申請書はこちらからダウンロードすることができます。

共同利用研究
関連書類

すでに採択されている方はこちら