文字サイズ :
HOME >  共同利用研究 >  共同利用研究 機器一覧

共同利用研究

Joint Researches

共同利用研究 機器一覧

生理学研究所は,全国の国公私立大学をはじめとする他研究機関との各組織の枠を越えての共同利用研究を推進することを使命としています。そのため,大型機器や最先端計測機器,高度技術を必要とする計測システム,および4次元イメージングのための先端機器の開発・維持・管理をおこない共同利用に供与しています。

超高圧電子顕微鏡 (HVEM)

machine1.jpg医学生物学専用に開発された超高圧電子顕微鏡(Hitachi H-1250M)で、通常加速電圧1,000 kV で使用しており,厚さ約5 μm までの試料を観察することができます。試料室近くは常に7 ×10-6 Pa 以上の真空に保たれていて,1,000 倍から100万倍までのクリアーな拡大像を得ることができます。また,サイドエントリー試料傾斜ステージを用いて±60度の範囲で傾斜して観察することができるので,光学顕微鏡では観察不可能な超微細構造の三次元情報を得ることができます。

 

磁気共鳴断層画像装置(MRI: 3 tesla,7tesla)

machine2.jpg水素原子の核磁気共鳴現象を利用することにより,脳構造の詳細な画像化と共に,脳血流を介して脳の局所機能をも画像化する装置です。生理研では2000年度に3 tesla MRI装置を導入し、人間の高次脳機能の神経基盤を詳細に検討してきました。さらに2009 年度に3 tesla MRI 2台からなる同時計測システムを新規導入し,個体間の社会的相互作用中の神経活動を同時に記録解析することが可能となりました。また、2014年度にヒト用 7 tesla MRI装置が導入され、2015年度稼働開始しました。2016年度は、撮像と画像処理に関する技術的検討・開発のための共同利用実験に供することとなりました。安定な稼働が確実となり次第,広く共同利用実験全般に供します。
【主な設備】 3テスラ磁気共鳴装置(Allegra,シーメンス社製,平成12 年度導入,Verio 2 台,シーメンス社製,平成2 1 年
度導入),視聴覚刺激提示装置,画像解析システム。7テスラ磁気共鳴装置 (Magnetom 7T, シーメンス社製、平成26年度導入)。
 

脳磁場(脳磁図)計測装置

machine3.jpgミリ秒 (msec) 単位の高い時間分解能と,mm単位の高い空間分解能を兼ね備えた機器です。特に,事象関連脳磁図を解析することにより,各種刺激後,早期(0.3秒以内)の脳活動の時間的,空間的活動の解析に有用です。また,脳活動の周波数分析が可能であり,ある条件下での,脳の各部位での δ波,θ波,α波,β波,ɤ波の活動の変化を解析することが可能です。これはBrain waveとも称されています。

 









 

低温位相差電子顕微鏡

machine4-2.jpg低温位相差電子顕微鏡は,無染色の氷包埋生物試料を高分解能で観察することができます。装置には凍結試料を液体窒素温度で観察できる低温試料ホルダーに加え,無染色試料を可視化する位相板システム,ノイズ源となる非弾性散乱電子を除去するエネルギーフィルター,4k × 4kサイズの冷却型CCD カメラが搭載されています。200 nmまでの厚い凍結生物試料を高分解能・高コントラストで観察でき,蛋白質,ウィルス,バクテリア,培養細胞,組織切片などの生物試料を生(なま)に近い状態で構造解析することができます。
 

 

連続ブロック表面走査型電子顕微鏡(SBF-SEM)

machine9.jpg

連続ブロック表面走査型電子顕微鏡(SBF-SEM)は,平成24年度より新しく導入された先端三次元ナノイメージング装置です.現在、高解像度型と広視野型の2機種が稼働しています。SBF-SEMは,樹脂包埋された試料をダイヤモンドナイフで薄く削りながら,そのブロック表面に現れる構造を走査型電子顕微鏡(SEM)により連続的に記録し,試料の三次元構造を再構築します。脳組織のような比較的大きな試料の三次元構造を,ナノメートルの解像度で可視化することができます。







 

多光子励起顕微鏡

machine5.jpg多光子励起法は,超短(フェムト秒)パルスレーザーを対物レンズ焦点面で集光させることで高光子密度のピンポイント領域を作りだし,それによって蛍光分子を励起し,神経細胞などのイメージングを行うことができる最新の方法です。従来の1光子励起法と比較し,長波長の励起光を利用するため,脳組織などの深部到達性に優れており,さらに組織侵襲性が少ないのが特徴です。現在,正立型2 光子顕微鏡を用いて,神経細胞・グリア細胞などの活動・動態の生体内観察や,各種光感受性物質の活性化制御を行うことができます。また、2 光子蛍光寿命イメージング顕微鏡を用いたFRETイメージング等もおこなっています。









 

マウス・ラットの代謝生理機能解析装置

machine8.jpgマウス・ラットの代謝生理機能に関わる以下の項目を計測します。
(1)運動系を中心とした,覚醒下での単一ニューロン活動など神経活動の計測,
(2)自由行動下における脳内特定部位での神経伝達物質の分泌計測,
(3)フラビンおよびヘモグロビン由来の内因性シグナルを利用した脳領域活動と膜電位感受性色素を用いた回路活動のイメージング,
(4)自由行動下における摂食行動,エネルギー消費の計測,
(5)自由行動下における体温,脈拍数,血圧の計測。,
(6)摘出灌流心臓または麻酔マウスを用いた心機能,循環血流量の測定。
【主な設備】 質量分析を用いた小動物用エネルギー代謝及び行動量同時測定装置(アルコ社),マイクロダイアリシス(エイコム社),単一ニューロン活動記録装置,慢性実験テレメトリー自動計測システム,オリンパスFV1000,ブレインビジョンMyCAM
 

申請書
ダウンロード

各種申請書はこちらからダウンロードすることができます。

共同利用研究
関連書類

すでに採択されている方はこちら