文字サイズ :
HOME >  研究活動 >  神経発達・再生機構研究部門

研究活動

Research

神経発達・再生機構研究部門

研究部門メンバー

生後脳におけるニューロン新生のメカニズムと意義の解明
脳に内在する再生機構の解明と操作技術の開発

 生後の脳においても、神経幹細胞から継続的にニューロンやグリア細胞が産生されており、脳の発達や恒常性の維持に関わっていることが明らかになりつつあります。また、脳が傷害を受けると、このメカニズムが活性化し、失われたニューロンを再生させることも明らかになってきました。我々のグループでは、生理研の他の研究部門と共同で、新生ニューロンやグリア細胞の移動メカニズムに注目して研究を行ってきました。本研究部門においては、正常動物と脳傷害モデル動物を用いて、生後の脳におけるニューロンやグリアの新生メカニズムとその意義を解明し、新しい治療法の開発に役立てることを目指しています。

 

2018sawamoto-1.jpg

 

図1 新生仔マウス脳傷害モデルにおいて、神経幹細胞(青色)によって産生されるニューロン(緑色)が、放射状グリア(赤色)の突起に沿って傷害部位へ移動し、成熟する(Jinnou et al., Cell Stem Cell 2018)。
 

 

 

2018sawamoto-2.JPG

図2 生後脳の嗅球において、移動中のニューロンが目的地に接近するとフィロポディア様側方突起(Filopodium-like lateral protrusion (FLP))を形成し、細胞移動の停止と共に、形態的・機能的なニューロンの分化・成熟が起こる(Sawada et al., EMBO J 2018)。

代表的な論文情報

* M. Sawada, et al., PlexinD1 signaling controls morphological changes and migration termination in newborn neurons. EMBO J e97404 (2018)
* H. Jinnou, et al., Radial glial fibers promote neuronal migration and functional recovery after neonatal brain injury. Cell Stem Cell 22: 128-137 (2018)
* T. Fujioka, et al., β1 integrin signaling promotes neuronal migration along vascular scaffolds in the post-stroke brain EBioMedicine 16: 195-203 (2017)
* N. Kaneko et al., Mechanisms of neuronal migration in the adult brain. J Neurochem 141: 835–847 (2017)
* H. Ota, et al., Speed control for neuronal migration in the postnatal brain by Gmip-mediated local inactivation of RhoA. Nat Commun 5: 4532 (2014)
セミナー情報、スケジュール

生理学研究所でのセミナーの最新情報などをご案内しています