文字サイズ :
HOME >  共同利用研究 >  磁気共鳴装置 共同利用実験 2006年度

共同利用研究

Joint Researches

磁気共鳴装置 共同利用実験 2006年度

生理学研究所は1991(平成3)年に37チャンネルの大型脳磁場計測装置(脳磁計)が日本で初めて導入されて以後、日本における脳磁図研究のパイオニア として、質量共に日本を代表する研究施設として世界的な業績をあげてきた。同時に、大学共同利用機関として、脳磁計が導入されていない多くの大学の研究者 が生理学研究所の脳磁計を用いて共同利用研究を行い、多くの成果をあげてきた。現在、脳磁計を共同利用機器として供用している施設は、日本では生理学研究 所のみである。2002(平成14)年度には基礎脳科学研究用に特化した全頭型脳磁計を新たに導入し、臨床検査を主業務として使用されている他大学の脳磁 計では行い得ない高レベルの基礎研究を行っている。脳磁計を用いた共同利用研究としては「判断、記憶、学習などの高次脳機能発現機序」「感覚機能及び随意 運動機能の脳磁場発現機序」という2つの研究テーマを設定し募集している。また今後は、他の非侵襲的検査手法である、機能的磁気共鳴画像(fMRI)、経 頭蓋磁気刺激 (TMS)、近赤外線スペクトロスコピー (NIRS) との併用をいかに行っていくが重要な問題になると思われる。

平成18年度採択表

No. 研究課題名 氏  名
1 呼吸困難感の中枢情報処理機構の解明 越久 仁敬
兵庫医科大
2 単語復唱時の脳賦活研究 萩原 裕子
首都大学東京院・人文科学
3 視覚障害者脳の身体像形成に関与する視覚野での運動感覚情報処理様式の研究 内藤 栄一
情報通信研究機構・未来ICT研究センター
4 磁気共鳴画像装置による脳賦活検査を用いたヒトの高次脳機能研究 飯高 哲也
名古屋大院・医
5 脳における時間順序判断メカニズムの解明 北澤 茂
順天堂大・医
6 人での立体視機能,並列情報処理過程の解明 宇賀 貴紀
順天堂大・医
7 マカクザル及びコモンマーモセットのMRIテンプレートの作成とPET研究への応用 渡辺 恭良
理化研・フロンティア研究
8 非侵襲的脳機能検査による疲労・疲労感と学習意欲の評価法 渡辺 恭良
理化研・フロンティア研究
9 磁気共鳴画像診断用新規造影剤の開発 阪原 晴海
浜松医科大・医
10 MRIによる前頭連合野の観察と電極定位への応用 船橋 新太郎
京都大院・人間・環境学
11 遺伝子解析とfMRI計測を含めた向精神薬服用時の認知・脳機能および運転技能の変化に関する研究 尾崎 紀夫
名古屋大院・医
12 ニホンザル下側頭葉皮質のMRIによる三次元構造観察 藤田 一郎
大阪大院・生命機能
13 顔認識における視覚情報統合メカニズムの解明 伊丸岡 俊秀
金沢工業大・情報フロンティア


<<最新の採択表に戻る

申請書
ダウンロード

各種申請書はこちらからダウンロードすることができます。

共同利用研究
関連書類

すでに採択されている方はこちら