文字サイズ :
HOME >  共同利用研究 >  超高圧電子顕微鏡 共同利用実験 2016年度

共同利用研究

Joint Researches

超高圧電子顕微鏡 共同利用実験 2016年度

 生理学研究所では大型設備として国内唯一の医学・生物学専用超高圧電子顕微鏡(H-1250M)を設置し,これを用いた共同利用実験を国内外から募集し実施しています。加速電圧1,000 kVの超高圧電子顕微鏡は分解能が高いことに加えて,数ミクロンを越える細胞のより深部まで観察することができるため,神経細胞の形態観察やトモグラフィーによる細胞内器官の三次元構造解析などを行なうことができます。現在この特徴を生かして,「生体微細構造の三次元解析」「生物試料の高分解能観察」「生物試料の自然状態における観察」の3つのテーマで共同研究を推進しています。運用開始以来全利用日数の大半を所外からの研究者が使用しており,1,000 kV級超高圧電子顕微鏡の医学生物学領域における国際センター的な役割を果たしています。2012年度にはデジタルカメラが導入され,電子線トモグラフィーによる生体組織の立体再構築が短時間で行なえるようになりました。2015年度には9 件の課題が実施され、2016年度には、10件が実施される予定です。

(1)生体微細構造の三次元解析
(2)生物試料の高分解能観察
(3)生物試料の自然状態における観察

2016年度採択表

No. 研究課題名 氏  名
1 超高圧電子顕微鏡を用いた細胞骨格・オルガネラ・細胞壁ダイナミクスの解析 唐原 一郎(富山大学・大学院理工学研究部)
2 昆虫細胞内共生細菌の特異なチューブ様微細構造の解析 中鉢 淳(豊橋技術科学大学・エレクトロニクス先端融合研究所)
3 組織化学的手法を応用した細胞小器官の三次元構造観察 臼田 信光(藤田保健衛生大学・医学部)
4 網膜と視覚野ニューロンの電気シナプスの機能と三次元形態構造の対応 日高 聡(藤田保健衛生大学・医学部)
5 超高圧電子顕微鏡観察法によるタンパク質巨大分子複合体の形成機構の解明 増村 威宏(京都府立大学・大学院生命環境科学研究科)
6 原生生物タイヨウチョウ類の微小管調節機構の解明 安藤 元紀(岡山大学・大学院教育学研究科)
7 コンピュータトモグラフィー法によるラット脊髄神経化学解剖の3D解析 坂本 浩隆(岡山大学・大学院自然科学研究科)
8 低温超高圧電子顕微鏡法を用いたCD38の in situ膜局在の解明 高浪 景子(岡山大学・大学院自然科学研究科)
9 超巨大アメーバウイルスの内部構造解析 岡本 健太(ウプサラ大学・BMC)
10 3D reconstruction of cells generating melanin MUN, Ji Young(Eulji University・)

過去の採択一覧・成果

申請書
ダウンロード

各種申請書はこちらからダウンロードすることができます。

共同利用研究
関連書類

すでに採択されている方はこちら